カリフォルニアの暮らしのいろいろ
by family_forever
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Today's Weather
<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Heritage Park
今更ですが、旅行の写真のアップです。
c0003272_13592367.jpg


まるで1847年にタイムトラベルしたみたい? More Pictures...
[PR]
by family_forever | 2006-08-28 14:44 | 観光スポット
白ごまのブランマンジェ あずき添え
日本は残暑が厳しいようですが皆さんいかがお過ごしですか?
c0003272_23504213.jpg

こちらも暑い日が続いているので、冷たいデザートばかり作っています。最近のお気に入りは
「白ごまのブランマンジェ あずき添え」です。レシピは「キハチさんの日曜日」から。
この本は、以前弟がくれたもの。彼は一時期、この本の写真撮影を担当したカメラマンのアシスタントをしていたので、彼から撮影裏話を聞きながら一緒にページを捲った思い出があります。

フードスタイリングと写真撮影が学べるそんな美味しい(撮影後は食べる事が出来たそうなので、それこそ本当に‘美味しい’ですよね~笑)仕事をしていた彼も今は別の道を歩んでいます。元気でいてくれるといいなぁ~なんてふと彼の事を思い出しながら手にとる本です。

その他によく作るもの
[PR]
by family_forever | 2006-08-26 00:05 | お菓子と食べ物
7世代先のことを考える洗剤
c0003272_14281735.jpg

最近のことですが、よく行くスーパーで見かけるSeventh Generationというブランドの台所洗剤を使い始めました。
たまたま洗剤が切れていて、他のお店に行く時間がなかったからという理由だったのですが、買って帰り裏の説明を読んだところ、これからも買いたくなりました。

というのは、
「もし、アメリカ中の全家庭が28オンスの石油系の洗剤をこの植物系の洗剤に買い換えれば、118,700バレルの石油(6,800世帯の一年間の寒暖房の使用量)を節約する事が出来ます。」
(訳が下手でごめんなさい...)
と書いてありました。

そもそもSeventh Generationという会社名から分かると思いますが、この会社の商品は環境と健康に優しい商品を作り、私達の7世代先の子孫の事まで考えていく事をポリシーにしている会社です。
アメリカはゴミの分別もほとんどしないし、公共施設や電車などでも夏はクーラーが効き過ぎていたりと、環境問題には無頓着な点が多いように思います。
でも、こうやって頑張っている会社もあることだし、少しでも個人個人が気をつけていけば、何かは変わっていくのではないかと希望を持っています。

子育てをしていて常に意識しているのは、「子育ては次の世代を作っていく責任のある仕事だ。」という事。大げさかもしれませんが、子供を育てる事は未来を作る事なのですよね。
日常的なことに振り回されがちですが、自己中心的な考え方をしない、常に他人を思いやる、相手を尊重する、物欲に走らず、物を粗末にしない、自分の能力を伸ばして、周囲と社会に貢献できるようにする、正直で信頼されるような人間になる、謙虚さを忘れない、などの基本を教えていく事を親が忘れなければ、この子供達(そしてその先の世代)の将来はきっと明るいものになるはずだと信じているのです。

環境問題でも、次の世代を考えると呑気にしていられないですよね。Seventh Generationや子供と環境問題を取り扱ったPreventing Harmなどで知識を増やしていき、私に出来る事を頑張っていきたいと思います。皆さんも一緒に頑張りましょう~

(写真の左手に写っているのは、野菜や果物用の洗剤です。なるべくオーガニックのものを買うようにしているのですが、必ず、というわけではないのでそんな時にはこれを使って殺虫剤やワックスなどを洗い流すようにしています。)
[PR]
by family_forever | 2006-08-24 14:36 | アメリカの文化
子供の喜ぶレシピ本
c0003272_749078.jpg

アメリカのスーパーでは、レジの横に雑誌がたくさん置かれています。並んでいる間にふと手に取って購入する事を考えてのディスプレイだと思いますが、先日そんな技に引っかかってしまいました。(笑)

c0003272_7492597.jpg
買ってしまったのは"Good Things for Kids"というタイトルの小さなダイジェスト版のレシピ本。子供が喜びそうな可愛いレシピが63種類も記載されています。朝食、ランチ、スナック、夕食、デザートのカテゴリー別に綺麗な写真とレシピが並んでいて、どれから作ろうか悩んでしまいます。


c0003272_750380.jpg

早速作ったのは、ヨーグルトのパフェ。こんなの、レシピを見なくても出来そうなものですが、写真を見ると盛付け方の参考になります。
ただのお皿にヨーグルトとフルーツをポンと載せるより可愛いですものね~
(でも仕上がりは雑誌の写真と全く異なったりして。苦笑)

翌朝作ったのは最初の写真のバナナパンケーキ。写真ではあまり分からないかもしれませんが、このパンケーキは小ぶりで食べやすいところが子供にぴったり。もちろんバナナの甘さが優しい味で、うちの子供たちには大ヒットでした。

その他、可愛い簡単デザートやサンドイッチもあるので,これから試して行こうと思っています。
アメリカの方は9月25日まで販売されているようですよ~(お値段の方は$3.50です。)
[PR]
by family_forever | 2006-08-20 07:43 | お菓子と食べ物
好きな香り
c0003272_22482479.jpg

車がなくては移動できない事がほとんどのアメリカ。
車に乗っている時間が多いためか、カーフレグランスを愛用している人がほとんど。

日本では車を運転する事がなかったので、日本のカーフレグランス事情はよくわかりませんが、我が家が使用するのはチョコレートの香り。美味しそうでいいな♪などと思い、いつも選ぶバニラ系にちょっと飽きてきていたので選んだのですが、この香り、日本から来客があった時、とっても不評でした。(苦笑)
芳香剤はやはり柑橘系じゃなくては...と言われてしまいましたが、日本では柑橘系が人気なのでしょうか?
(それが一般論なのかどうか気になるところ...)
ちなみに、パインツリーとストロベリーの香りを混ぜたカーフレグランスを使用した場合、運転のイライラもなくなり、運転パフォーマンス全体が向上するという調査結果がでているそうです。(参考記事はこちら。)

アメリカでは香りの良いキャンドルなど豊富ですが、人気がある香りといえばバニラ、アップルシナモン、ラベンダーなどどちらかといえば甘い香りが主流だと思います。そしてもちろんチョコレートやクッキーの香りなども。
秋の気配が感じられるようになると、家でキャンドルを灯すことが多くなります。お友達のお家に遊びに行くと、良い香りがすることがしばしば。ひんやりした外出先から温かい家へ入った時に、優しい香りに迎えられるとほっとしますよね。そんな時、やはり柑橘系では物足りないと思ってしまう私はアメリカナイズされているのでしょうか???

皆さんはどんな香りがお好きですか?
(最近まるでアンケートをとっているかのような記事ばかり書いている気がします。笑)
[PR]
by family_forever | 2006-08-15 23:08 | アメリカの文化
あと1ヵ月
c0003272_6583938.jpg


上の写真は昨年作った娘のお誕生日ケーキです。娘の9歳のお誕生日があと1ヵ月と迫ってきました。
お誕生日は子供にとってはビッグイベントなので、そろそろカウントダウンが始まっているのです。(笑)

プレゼントのリクエストのリストを先日受け取りましたが、リストの中から何を選ぶか、迷っています。(リスト、長すぎなんです。笑)
そしてバースデーパーティーはどうするかも考えなくてはいけません。
面倒だなぁ~という気持ちもありますが、こうやってお誕生日を迎えられるという事、本当に幸せな事ですよね。毎年、無事に大きくなってしっかりとした人間に成長して欲しいな、と思います。

ところで、リストの中には
「バレリーナのジュエリーミュージックボックス」があります。蓋を開けるとバレリーナがオルゴールと一緒にくるくる回って踊る宝石箱です。ロマンチックでバレリーナが好きなリオが欲しがるの、無理ないなぁ~と思わせてくれるものなので、これは必ずプレゼントしたいな、と思って探し始めています。実は、ネットオークションで1940年代の古いこの手の宝石箱を見つけたのですが、子供にはどうかな?と思っています。私なら、そんな古い感じの趣のあるものが欲しいのですが、彼女が気に入りそうなものを選ばなくてはいけませんね~
どなたか良い情報ご存じないですか?

そして、リストにはリカチャン人形のリクエストもあります。バービーよりもリカチャンの方が好きなんですって。これは日本のおじいちゃんおばあちゃんに頼まなくては~
[PR]
by family_forever | 2006-08-15 07:12 | Kids
Cartonnageのフォトフレーム
暑くて外出する気がしなかったので、ずっと前に購入してあったカルトナージュのフォトフレームキットにとりかかってみました。

キットといっても、カートン(ボール紙)と簡単な作り方の説明書きが一枚入っているだけなところが大雑把なシンプルなアメリカ式。(笑)
イメージに合いそうな生地をクロゼットから取り出してきて説明に従って作っていきました。

製作過程の写真を撮っておけばよかったのですが、なにせ本格的な(?)カルトナージュは初挑戦。以前思いつきで作った箱小さなバッグより真剣に取り組んだのでそんな余裕なし、でした。(苦笑)

角の処理など、なかなか上手く出来ませんでした。あと、仕上げに洗濯ばさみのようなもので固定して張り付けると書かれていたので、その通りにしたら跡が残ってしまいました(写真左脇のやや上の部分です。泣)。次回はもっと丁寧な説明を読みながら作りたいと思いますがこのキットと同時に購入したボックスキットの説明書も同じような感じなのです。これは、カルトナージュの本を買ってきて補足しなくてはいけないかも。
c0003272_232363.jpg

出来は今ひとつでも、自分の好きな生地で作ったフォトフレーム、やっぱり嬉しいです♪
どの写真を入れようか、思案中なのですが、
娘から
「私の写真入れて~!」とのリクエストがきています。
「お花の模様だから、お花の写真にしようかと思ってるんだけど...」と答えたら、
「だったら、お花を持っている私の写真は~?」ですって。(爆)

どんな写真がいいと思いますか?

(ところで、旅行中と、ちょっと忙しかった事が重なったため少しの間お休みしていたコメント欄、再開しました。またコメントお待ちしています~)
[PR]
by family_forever | 2006-08-11 23:11 | Cartonnage
Snow cone
旅行から帰る車の中、皆の話題は「夕食に何を食べるか?」(爆)

娘の第一声は、
「白いご飯に梅入りゆかりをかけて食べたーい!」でした。
主人も、
「唐揚げなんかいいなぁ~」
なんて、すっかり日本食が恋しくなっていた様子。

普段、我が家は日本食をあまり食べない方だと思っていましたが、一週間以上、ホットドッグやハンバーガーなどといったアメリカンな食生活をおくると、やはりご飯が食べたくなるみたいです。
なんだか可笑しかった~(笑)
c0003272_131415.jpg

そして暑い夏のデザートは、お手軽Snow cone(カキ氷です)。私が小さい頃の記憶にある手動式ではなくて、電動式のSnow cone Makerを夏の初めに購入しておいたので、子供達の「暑いね~Snow coneが食べたいね~」というリクエストにすぐ答える事が出来て嬉しい♪
(氷を切らさないようにだけ気をつけないと、すぐなくなります。)
練乳をたっぷりかけて食べる子供達を見て、ふと思ったのですが、これは日本式の食べ方ですよね。アメリカで練乳がけSnow coneを見かけたことがないのですもの。

気が付かないところで、やっぱり日本的な生活をしているものです。本当はもっと意識して日本文化を子供達に伝えていかなければと思っているのですけれど。

ところで皆さんはカキ氷に何をかけるのがお好きですか?

嬉しそうに食べるマーカス♪
c0003272_11057.jpg

[PR]
by family_forever | 2006-08-10 01:13 | お菓子と食べ物
Dinosaur Museum
c0003272_0103719.jpg

旅行中に訪れたのが、Dinosaur Museumです。
恐竜好きにはきっと魅力たっぷりなのだと思います。子供のころ恐竜好きだった主人が喜んでいました。
c0003272_061224.jpg

c0003272_01553.jpg

展示されている恐竜は60体と、世界一の規模だそうです。そして50もの触れる展示もあり、子供も大満足。化石探索コーナーなどもあり、ついつい夢中になってしまっていました。
c0003272_095126.jpg

ゆっくりと大人も子供も楽しめる博物館っていいですよね~
[PR]
by family_forever | 2006-08-09 00:22 | Travel
いろいろな才能
先日、以前も書いたことがある図書館主催のプログラムへ行ってきました。
バケーションでいない家族が多いのか、7月初旬に参加したときと比べると3分の1くらいの子供の数でした。
c0003272_128087.jpg

今回は「Juggling with David Cousin」といって、Juggler(日本語でなんと言うのかな?と調べてみたら、“ボールなどの小道具を手先で扱う細かい芸を見せる人”とYahoo!辞書で訳されていました。)のショーでしたが、なかなか素晴らしい技でした。

生卵とボールとなんとボーリングのボールの3つでJuggleしたり(Juggleをなんと表現しようかと再びYahoo!辞書で検索すると、“〈数個の球・皿・刃物などを〉落とさずに次々にほうり上げる, …を使って曲芸[奇術]をする”と出てきました。な、ながい...ので、Juggleすると書くことにしました。苦笑)、トーチやテニスラケットを使ったりと、ここまでのレベルになると本当にプロだなぁ~と感心。

Jugglingの様子はこちら↓をクリックなさってみてくださいね。
Wednesday, August 2, 2006



子供たちも参加させて、目隠しでJuggleに挑戦なども。(うちの娘も参加する子供に選んでもらえました。今回は蛇じゃないから思いっきり手を挙げていたためでしょうね。笑)
c0003272_1312324.jpg


図書館に来て芸をするマジシャンやパペット使いの多くは、子供のバースデーパーティーやチャリティの集まりなどに呼ばれて生計を立てている職業の方達。プログラムが終了すると、名刺やパンフレットを参加した子供の親に配ってちゃんと宣伝する事を忘れません。
Jugglerの方もパンフレットを配られていたので、受け取ってみると経歴欄にJuggler世界記録を5回保持とありました。道理で上手なはずですね~

パフォーマンス歴も、ユニバーサルスタジオや、John Cougar Mellencampの前座(ロックコンサートの前座にJugglerって、聞いたことないんですけれど...笑)などなかなか豊富。
ちゃんとHPもあるみたいです。

それにしても、世の中いろいろな才能を持った人が存在するものですね。ブログめぐりをしていていつも感じるのですが、それぞれ皆持ち味というか、秀でている事がちゃんとあるという事。才能を生かされている様子を見ると、まるで自分のことのように嬉しくなるし、本当に心の奥から拍手喝采してしまいます。

ブログといえば、今、私がついつい読んでしまうブログがこちらです。先日エキサイトの今週のピックアップブロガーに登場されたのでご存知の方もたくさんいらっしゃる事だと思います。
彼のブログを初めて読んだ時は、ずーっと前にご紹介した事があるりここさんのブログ以来の面白さを感じてしまいました。りここさんは神業といえる素晴らしいお弁当を作られるのでメディアでもよく取りあげられていらっしゃいましたが、6月に「お弁当アートの作り方」を出版されました。(当然の成り行きだと思います~)
そのうちてんつゆさんの本も出てもおかしくないのでは...と勝手に思っていますが、まだ読まれたことがない方は是非チェックしてみてくださいね。プププ...って思わず笑ってしまいますよ~

(今日はなんだかとりとめのない内容ですね。まだ旅行ボケ?かも...笑)
[PR]
by family_forever | 2006-08-04 01:57 | アメリカの文化


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
第三 アドベント
from スウェーデンからの生活便り
☆第3回 Harvest..
from Orange Gallery
かぼちゃ饅頭
from 食卓から愛を込めて
パイナップル・アップサイ..
from ころころころらど
メロンパン
from ロサンゼルスな理由 what..
検索
Memo
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧