カリフォルニアの暮らしのいろいろ
by family_forever
Today's Weather
<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
病気のときは…
わたしの風邪が良くなってきたと思ったら、今度はリオがダウン。家族が順番に倒れていっているのでリオが最後だと思います。
c0003272_1502192.jpg

風邪で辛いときに子供たちが食べたがるのはアップルソース。煮詰めてやわらかくなったりんごのソースで、すりおろしりんごと似ているかな?
バナナ、お米、アップルソース、トーストの頭文字をとったBRAT dietという食事療法は腹痛や嘔吐、下痢などで小児科に行くと、回復時に必ずすすめられますが、ちょっと離乳食みたいですよね。消化が良いものという事なんだと思います。

アメリカではアップルソースはたくさん売られていて、シナモン入りのもの、ラズベリーなどが混ざったもの、砂糖入りのもの、オーガニックのもの、など種類が豊富です。その品揃えからみてもわかるように、アップルソースはデザートやスナックとしても親しまれているものなのです。
最近になって健康的なイメージを打ちだそうとしているマクドナルドのKids Meal(子供メニュー)にもアップルソースが付いてくるのですよ。

日本の子供は病気の時には何を食べたがるのでしょうか?
私はお粥が食べたくなります~でも、お粥が食べたいほど辛いときは何も作る気力がないのでアメリカ人式にチキンヌードルスープ(これも病気の時のアメリカの定番です)の缶スープを開ける事になります。あ~急にお粥が食べたくなってきました。(笑)
[PR]
by family_forever | 2006-02-28 01:54 | お菓子と食べ物
国籍占い
c0003272_1563929.jpg

風邪もようやく治ってきました。皆さん、お見舞いのお言葉ありがとうございます~

先日ももすけさんのところで、「国籍占い」というものを見つけました。占いはあまり信じないタイプなのですが、試しにやってみると、私はアメリカという結果が出ました。

● アメリカさんのあなたは、大人の落ち着きと子供の無邪気さの両面を持ち合わせている人です。急なアクシデントにも余裕で対応したかと思うと、新しいゲームに大はしゃぎするかわいさも。そのギャップがたまらない魅力となり、周りの人をとりこにします。それが時には行き過ぎて、人を振り回してしまうこともありますが、憎めないと思われるのは、あなたの人徳でしょう。TPOに合わせてのふるまいを器用にこなし、どんどん社会に進出していくので、うらやましがられる反面、やっかみを持つ人もいます。けれど、それさえも自分を育てる栄養にしてしまうのが、あなたの強さです。『どれが本当のあなたなの?』と興味を持たれることも多いはず。ミステリアスな雰囲気を武器に、世間を楽しく泳いでください。

ですって。当たっているかなぁ?ミステリアスな雰囲気ではないと思うのですけれど。
ちなみに主人は韓国でした。彼の内容は当たっている気がするのですが、本人には言っていません。彼は占い関係はまったく信じないのです。アメリカの人は占いをあまり信じない気がします。日本人は占いが好きなほうですよね~

皆さんもお暇があればお試しあれ...
「国籍占い」
[PR]
by family_forever | 2006-02-27 15:10 | 日々感じた事
ピンクの効果
c0003272_23224965.jpg

ここ2‐3日アントニーの機嫌がとても悪いのです。荒れて泣くことも多いし、頭を押さえたり耳をふさいだりもしているので、多分頭痛がするのかなぁ~と思っています。
アントニーに接するときにはいつも感じることですが、何が原因なのかわからないのがとてももどかしいです。本人はきっともっともどかしいことだと思うので、荒れるのは仕方がないなぁとは思いますが、そのために物が壊れたり、叩かれて腕にあざができるのも嬉しいことではありません。

アントニーがランプを倒して壊してしまったので、新しいランプを買ってきました。また壊されるかもしれないので、安いシンプルなランプシェードにしましたが、なんとなく物足りないのでピンクのビーズの飾り用テープを見つけてランプシェードの下のところにぐるっと飾り付けることにしました。

最近ピンクに凝っていますが、ピンクには気持ちを落ち着かせる、攻撃的な気分を抑制する効果があると聞いているのでもしかしてアントニーにも効くかなぁと期待しています。
刑務所でも、極悪の犯罪をおこした囚人の部屋は壁をピンクに塗ったりするそうです。あと、ある高校のフットボールチームの監督さんが、試合に来る相手チームのロッカールームの壁をピンクに塗ったという話も聞いたことがあります。
フットボールの試合にどれだけの効果があったのかは不明ですが(笑)、刑務所の方は効果があったという結果が出ているようです。

家を買った時にはアントニーの部屋の壁はピンクにしようね~と主人と話しています。
[PR]
by family_forever | 2006-02-21 23:24 | Kids
Flea Market
Huntington Beachで毎月一度行われるというFlea Marketに行ってみました。
c0003272_142438.jpg

何かアンティークの掘り出し物を探したかったという理由以外に写真のクラスの課題のためという理由で行ってきたのですが、着いてみると想像していたよりも小規模のFlea Marketでした。
アメリカではFlea Marketは日曜日に開かれる事が多くて、このあたりでも大規模なものは大抵日曜日です。日曜日には出かけないので土曜日に開かれるものを見つけて嬉しかったのですが、品揃えが少し寂しかったのが残念でした。
c0003272_1441674.jpg

アンティークのものって、好みによってはガラクタに見えるかと思えば素晴らしい掘り出し物に見えたり、と趣味が分かれるところが面白いですよね。

c0003272_147122.jpgc0003272_148597.jpg
c0003272_14191958.jpgc0003272_14251883.jpg




全体的に白黒の写真なので分かりづらいですが、実は青空がとても綺麗でした。

c0003272_14264059.jpg


さて、私が購入したものは...
[PR]
by family_forever | 2006-02-19 14:48 | Photography
Special dinner
c0003272_16111284.jpg

せっかくバレンタインデーなので、夕食時にはアンティークのリネンのナプキンを使いました。
ピンクだから可愛くリボン形にしてバラのナプキンリングも使用。このナプキンリングは結婚当初から持っていますが、ほとんど使っていなかったものです。最近のロマンチックな気分にぴったりなので箱から出してみました。取って置いて良かった♪

c0003272_1612540.jpg
メインは新婚当初によく作っていた「海老のパプリカ風味バターライス添え」。二人でラブラブだった頃を思い出しました。(今でもラブラブですけどね~)
食べていたら、
「僕、これ食べた事ないなぁ。なかなか悪くないね。」などと一人前なことを口にするマーカス。「いつから料理評論家になったのですか、あなた」と突っ込みいれてしまいそうでした。(笑)


c0003272_16182361.jpg
デザートはイチゴをチョコレートディップをしたもの。
お菓子作り禁止命令が主人から出ているので(彼のダイエットのため)、これで我慢しました。(といっても、我慢できずイチゴのタルトも作っちゃったんです。後ろにうっすらと写っています)
このチョコレートディップのイチゴは“作った”というほどもないものですが、とても美味しかったです。
[PR]
by family_forever | 2006-02-16 16:22 | アメリカの文化
バレンタインデー
c0003272_0145495.jpg

ふと気が付くと今日はバレンタインデー。日本はもう過ぎてしまいましたがアメリカは今日です。
昨日ちょっと嫌な事が合ったので気分が乗らないのですが、あとでデザートでも作ろうかと思っています。(写真のパンケーキは週末に作ったものです。少し焦げていますね~)

皆さんどんなバレンタインデーをお過ごしになりましたか?
[PR]
by family_forever | 2006-02-15 00:16 | お菓子と食べ物
手作りの気分
c0003272_561844.jpg

しなければいけない事がたくさんあるときに限って、全く関係のないことをしてしまう事ってありませんか?

写真のクラスの課題、リオのお勉強、外出しなければならない用事などがあって、しかも部屋も散らかっているというのに昨日は創作意欲が湧いてしまいミシンで遊んでしまいました。

何を作ったかというと、ランプシェードカバーとランドリーバスケットカバーです。
c0003272_574819.jpg
c0003272_5121350.jpg

ランプシェードは古くなって汚れていたのでずっと気になっていたため、白いサテンのような生地とオーガンジーでカバーを作り、上にリボンを結んでみました。切手ボックスでもそうでしたがこれも小さくなったリオのドレスを利用したものです。

ランドリーバスケットはこのようなものを以前ネットで見かけた時に作りたいなぁと思って生地を買ってありました。どのくらい生地が必要かわからなかったので買いすぎてしまったようです。たくさん余っているのでフランネルのバラの生地は私のパジャマのパンツを作ろうかと思っています。タオル地は何にしようかいい案が浮かびません。何か良い利用方法のアイデアがあればどなたか教えてくださいね。

すっかりレースや花柄やピンクのものが増えつつある我が家。このランプシェードは主人と私のベッドルームにありますので、実は主人から不満の声が出ています。ランプの横の鏡にも一番上の写真のようにアンティークのソルトシェーカーを利用したミニ花瓶が飾られていたりするので、ベッドルームはすっかりロマンチックでフェミニンな感じになっているのがあまり気に入らない様子なのです。皆さん、インテリアの趣味でご主人と意見が食い違ってしまう時はどうなさっているのでしょう?

さて、プレゼントの当選者の発表です♪
[PR]
by family_forever | 2006-02-11 05:24 | Handmade
IEP
c0003272_085575.jpg

3年おきに行われるアントニーのテスト診断の結果報告と今後の課題を話し合うミーティングに行ってきました。

3ヶ月ほど前にスピーチセラピーの事で集まった時と同じように、アントニーの担当の先生の他、セラピストや校長先生など計8人でアントニーのことを話し合いましたが、今回改めて感じたのは皆が親身になってくれているという事でした。

学校側とミーティングをする場合、表面上では和やかでも内心はお互いにピリピリしている事や、事務的な雰囲気が流れている事などは多いのです。障害児を持つ親は(特に自閉症児を持つ親)は学校に対する要求が受けいられない場合、弁護士を使う事が少なくありません。裁判にまで行ってしまう事もあります。ですから、学校側としては神経を使わざるを得ないということがあって親に対しての対処の仕方に構えたものを感じる事が多いのです。

私は裏表がない人間なので、隙を見せないぞ!と心の中で思っているのに顔は笑っているといった先生やセラピストと接するのが苦痛でミーティングの前に胃が痛くなったことも多々ありました。

今アントニーが行っている学校の先生、セラピストはそういった感じがあまりないのでとても助かっています。そして州の障害児福祉センターのアントニー担当の人がミーティングに参加してくれてとても心強いのです。今までずっと1人で立ち向かってきたミーティングですが、この人が昨年3月に担当になって以来いつも一緒に行ってくれるので本当に精神的にプラスになっています。
今回のミーティングでは皆がアントニーのことだけでなく、私のことも心配して気にかけてくれたこともとても嬉しかったです。
アントニーは今のクラスの先生やアントニー専用のアシスタントの先生に慣れてきて進歩を見せてきています。9月に新学期が始まった頃と比べると学校での攻撃的な行いが極減していて、そのため学業に集中できるようになってきているのです。
来年度もこの学校に通えるのでしばらくは大丈夫だと思いますが、この先、中学、高校、と進むにつれてどうなっていくのかと考えると気が重いです。あまり先を考え過ぎないように、一日一日を頑張っていこうと思います。

最初の写真は昨日見た夕焼け色に染まる雲です。自然の素晴らしさを感じると、悩みや不安が薄らぎます。
[PR]
by family_forever | 2006-02-10 00:11 | Kids
Kids Art Club
c0003272_2561544.jpg

アメリカならどこにでもある大型手芸店のMichaelsでは、講習会やレッスンなどに参加する事が出来ます。ビーズのアクセサリーのクラス、油絵のクラス、編み物のクラス、スクラップブッキングのクラス、カードメイキングのクラス、ケーキデコレーションのクラスなど盛りだくさんで、比較的お手ごろの値段で行われているので、試しにちょっとやってみるには最適なのです。

子供のためのクラスもあり、毎週土曜日の朝はKids Clubといって5才から12才の子供を対象にしたクラフトを作るクラスがあります。材料込みで参加費はたった$2なので気楽に参加させてあげる事ができます。(笑)
昨日リオが参加したいと言うので連れて行きましたが、受付で「4歳の息子もいるのだけど5歳でないとだめですよね?」と尋ねると「ちゃんと座って参加できるようなら大丈夫ですよ。」と言われたのでマーカスも参加する事が出来ました。

c0003272_2572892.jpgc0003272_2582915.jpg

バレンタインデーにちなんで、作ったものは「I Love You Mini Clay Pot」


私がカルトナージュなどの手作りに目覚めているためか、子供達も何かを作りたいという意欲が増しているこの頃です。手先を動かして何かを作るって年齢に関係なく楽しいことですよね。これからも家でも簡単なアートをどんどん取り入れていこうと考えています。
[PR]
by family_forever | 2006-02-06 03:03 | アメリカの文化
初めてのカルトナージュ
c0003272_9411466.jpg

ふとしたことから訪れたTokoさんのブログで知ったカルトナージュ。自分の好きな布を使ってインテリアに取り入れられることに魅力を感じて是非作ってみたいと思っています。

アメリカでもカルトナージュを教えていないものかとネットなどで探しましたが、見つからなかったのでアマゾンで本を購入し、何とか自己流で学ぼうと気合いを入れているところです。
ビバリーヒルズにあるPaper Sourceというお店で箱本体の材料は買えそうなので、足を伸ばしたいと思っているところですが、空き箱があったので試しに余っていた布でプチカルトナージュにトライしてみました。主人と話しこんでいる時に何気なく作ったので簡単に作れましたが、その分雑な仕上がりだと思います。本来ならカルトナージュは厚紙に布を張ってから組み立てるのだと思うので、これはカルトナージュというよりは空き箱リサイクルといった方が近いですね。それでも、自分では満足して喜んでいます。

この小箱はリオが集めている切手を入れていたものだったので、箱の中にアコーディオン状に切手を収納してみました。(どこかの雑誌で見かけたアイデアです。)
c0003272_944219.jpg

どのように切手が並んでいるかというと、こんな感じです。
c0003272_946677.jpg

これだと一目で切手を眺めることが出来てリオも満足してくれました。

切手といえば、プレゼントの企画があります♪
[PR]
by family_forever | 2006-02-04 09:49 | Cartonnage


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
第三 アドベント
from スウェーデンからの生活便り
☆第3回 Harvest..
from Orange Gallery
かぼちゃ饅頭
from 食卓から愛を込めて
パイナップル・アップサイ..
from ころころころらど
メロンパン
from ロサンゼルスな理由 what..
検索
Memo
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧