カリフォルニアの暮らしのいろいろ
by family_forever
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Today's Weather
<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
可愛い切手
以前ディズニーキャラクターの記念切手をご紹介した事がありますが、今回は可愛い子供の絵本のキャラクターの切手が発売されたので買いました。
c0003272_1572269.jpg

数週間前に切手の値段が上がってしまったので郵便局に新しい切手を買いに行ったのですが、私の近くの郵便局はいつも混んでいてしかも番号札もないし、行くのがとても面倒です。近くのドラッグストアでも切手は買えるのですが、種類が限られているので珍しい新しい切手が買いたい時にはやっぱり郵便局に行かなくてはいけません。
この切手シートのテーマは「子供の本に登場する人気の動物キャラクター」で、The Very Hungry Catapillar、Wilbur、Fox in Socks、Maisy、Curious George、Olivia、Frederick、Wild Thingが並んでいます。皆さん全キャラクターご存知ですか?
私はFrederickとWild Thingを知りませんでした。今度図書館で借りてみようと思っています。
[PR]
by family_forever | 2006-01-30 02:00 | アメリカの文化
例えばバトン
Aliさんから「例えばバトン」を受け取りました。

ちょっと悩みましたけど頑張って答えてみました♪
[PR]
by family_forever | 2006-01-27 14:21 | 日々感じた事
You're so natural!
先日主人が子供たちを公園に連れて行きました。
私はその間にお買い物に行き、一時間後に公園に皆を迎えに行きました。
主人はマーカスとキャッチボールをしたり、リオに縄跳びを教えたりしたそうですが、アントニーにも何か運動をさせようと、持参したサッカーボールをアントニーに蹴らしてみたところなんと不思議な発見があったそうです。

それは何かというと、アントニーがボールを蹴る時は、足の内側面を使って蹴り、ボールを前面に動かしていくのでした。
主人曰く、「普通子供にボールを蹴るようにいうと、爪先の部分で思いっきり前に蹴ろうとすると思うんだけど、アントニーのやり方ってサッカー選手がボールを動かす方法と一緒なんだよ。」
試しに主人がリオとマーカスにボールを蹴らしてみると、思ったとおり爪先の部分で蹴ったそうです。

そこで、私もアントニーが蹴るところを見たくなってアントニの方にボールを蹴って蹴り返すようにいうと、主人が言ったようにボールを動かすアントニーを目撃!
c0003272_1501646.jpg

主人と二人で、「もしかしてアントニーってサッカーの才能があるのかも~」と思ってしまいました。
自閉症の子供たちのサッカーのグループがあるのですが、アントニーを参加させてみるのもいいかもしれませんね。良い運動になると思うし。

もうひとつアントニーの話題 Another surprise
[PR]
by family_forever | 2006-01-25 02:11 | Kids
ハートが大好き
若い頃の私を知っている人に知られると笑われそうですが、実はハートの小物が好きだったりします。
コレクションしているというわけでもないし自分でも特に意識していないのですが2月が近づいてきてお店にバレンタインの飾りや売られるようになると買ってしまうから、きっと好きなんだと思います。(笑)

この写真はターゲットというお店で見つけたハートのパンケーキの型と器です。バレンタインデーはこの型で朝食のパンケーキを作ろうかなぁ。
c0003272_12533222.jpg


そして昨日作ったケーキもハート型♪
[PR]
by family_forever | 2006-01-23 12:56 | お菓子と食べ物
試練を乗り越えるパワー
生きていくうえで、いろいろな苦難、試練は避けられない事です。
試練に直面した時に、落ち込んでどうしようもなくなってしまったり、やけっぱちになってしまいがちですが、どんな苦労をしていてもいつも明るく前向きに乗り越えていける人っていますよね。試練を乗り越えるパワーを持っている人達はいったい何が根拠になっているのでしょうか?

その理由はなんと、「3歳までにじゅうぶん親からの愛情を受けてきたかによるところが多い」というレポートを耳にしました。
昔から「3つ子の魂100まで」といわれますが、3歳までに親との親密な関係を持って育った人は、逆境に立ち向かえる自信とポジティブな考え方が出来るのだそうです。

(いつも思う事ながら、親の責任って重いですね~)

もちろん親との関係がよくなかった人でも、
・力になったり励ましてくれる指導者に支えられた。
・自分の才能を認識し伸ばす機会に恵まれた。
という場合も、精神的に支えが出来るため試練を乗り越えやすいタイプになるそうです。

そして、そのほかにサービス(奉仕活動、ボランティア)を積極的に行うとよいとか。
確かに自己中心的な人よりも常に他人のことを考えて手を差し伸べている人のほうが幸せそうですものね。
私は親として、小さい頃から奉仕の機会を子供に与えていく必要性を感じます。与える事から得られる満足感は与えられた時に感じるものとは比べられない事を早くから体験しておいて欲しいのです。そうすると、精神的に強くなって何を失っても怖くない人生の真義を悟った大人になってくれるのではないかと思うからです。

そのためには親の私が自ら良い模範にならなくてはいけません。口先だけでは子供は付いてきてくれないですものね。

頑張らなくては!
[PR]
by family_forever | 2006-01-20 03:53 | 日々感じた事
Blueberry Muffins
c0003272_10254445.jpg

朝、子供たちが起きる前にコンピューターをつけてお友達ブログを読むのが日課になりつつあるのですが、今朝Wingさんのころころコロラド☆おいし~生活を読んでいたらマーカスが起きてきました。で、美味しそうなマフィンの写真を見て「ケーキ食べたい!」というマーカス。
栗や栗きんとんはないけれど、昨日ブルーベリーパンケーキを作ってまだブルーベリーが残っていた事を思い出し、早速ブルーべりーマフィンを作る事にしました。

美味しいマフィンの匂いで目が覚めたのか、アントニーとリオも起きてきて皆でマフィンの朝ごはん。焼き立てを食べるのって美味しいですよね。Wingさんに感謝!の朝でした。

ところで、写真をいくつか撮ったのですが、この写真↓が美味しそうに撮れているかなぁと...
c0003272_1031943.jpg

でも、構図からいうとこちら↓の方になんとなく惹かれています。
c0003272_10324143.jpg

どう思われますか?(写真を撮るのが上手な方が多いので、アドバイス大歓迎です。)

実は来週から「上手な写真を撮る方法」のオンラインのクラスを取る予定なのです。ブログのためにも少し写真の腕が上がるといいなぁと思っています。
[PR]
by family_forever | 2006-01-16 10:39 | お菓子と食べ物
Oeuf à la neige
c0003272_0264594.jpg

結婚した当初や子供が1人しかいなくて時間があった頃は、もっとお料理やお菓子作りのレパートリーがあった気がします。一品一品に時間をかけて作る余裕があり、新しいレシピとにらめっこしながらキッチンに立つチャレンジ心も旺盛でした。
今では忙しい合間を縫って手早く仕上げることがほとんどですので、作り慣れて時間がかからないものが中心になっています。それに子供たちが好きなもの、食べやすいものを考慮に入れて、そのうえ夕食は主人を駅まで迎えに行き、家に着いたら即食べられる様にといった条件まで加わるとますます作るものが限られてきます。

結婚する前の半年ほどフランスに住んでいたので、新婚の頃はフランス料理を作る事が多かった事を思い出させてくれたのはお友達が最近貸してくれたフランス料理の本。
パラパラとページをめくっていていると「そういえば、これよく作ったっけ...」と懐かしくなりました。そこで、久しぶりに以前作ったものを思い出していくつか作りはじめました。

おととい作ったのは夕食後のデザート、Oeuf à la neigeです。ソースをまず作って冷やしておき、デザートを食べる段階にメレンゲをポーチしなくてはいけないので、平日の夜ではなく、週末にトライすることにしました。作ってみると、記憶に残っていたよりも簡単で、主な材料も卵と牛乳とお砂糖など常時しているもので大丈夫なのも魅力的。プリンのお手軽さにはかなわないけど、たまにはこのふわふわした食感も悪くないものです。初めて挑戦したカラメルのデコレーションは意外と難かしく、カラメルが温かすぎると糸を引かないし、かといって冷めてしまうと固まってしまって糸を引かなくて、(慣れれば良いのかもしれないけれど)微妙な温度調節が必要でした。
ところで、このOeuf à la neige、なんとなく懐かしい味だと思ったら、よく考えると甘い卵の味と食感がおせち料理の淡雪寒天の淡雪の部分と似ているからかも。

Oeuf à la neigeのレシピ♪
[PR]
by family_forever | 2006-01-10 00:40 | お菓子と食べ物
San Juan Capistrano
c0003272_164252.jpg

クリスマス前に訪れたSan Juan Capistranoはオレンジ郡の中でも南よりの街。
春にブログに写真を載せたことがあるMissionに母が是非訪ねてみたいと言ったため皆で出かけました。
春と比べると少し寂しいガーデンでしたが、それでも綺麗でした。前にも載せましたがクリスマスらしいキリスト生誕の飾りがミッションということで神聖さを感じさせてくれました。
c0003272_1121519.jpg

少しこのMission San Juan Capistranoの歴史を紹介すると、
Junipero Serra修道士が1776年に設立した伝道所。一時期はインディアンの抵抗のために撤退することもあったものの1777年には小さな“Serra Chapel”といわれるチャペルの建設、1796年には“Great Stone Church”の建設が開始されました。“Great Stone Church”は1806年に完成、しかし1812年の地震で崩壊してしまっています。
c0003272_1181916.jpg

“Serra Chapel”はカリフォルニアで一番古い教会だそうで、今でも使われています。
教会の前面の飾りは200年以上前のバルセロナのもの。ロサンジェルスにあるSt. Vibiana's Cathedralの地下室に放棄されていたものを1920年前半にJohn O'Sullivan修道士が譲り受け18ヶ月かけての改造、取り付け作業が行われたらしいです。
c0003272_0374014.jpg

c0003272_1153998.jpg

敷地内には設立にかかわった兵士やインディアンの生活様式の展示などもあり、歴史を感じる事が出来ます。
c0003272_1141449.jpg


San Juan Capistranoは小さな街ですが立ち寄る価値ありのおすすめスポットです。街にはインディアンの置物や工芸品などのギフトショップ、メキシカン料理のレストランなどもあるのですよ。

Mission San Juan Capistrano
Hours
Open Daily 8:30 am - 5:00 pm
Closed Thanksgiving, Christmas & Good Friday afternoon.
May close early on Christmas Eve.

[PR]
by family_forever | 2006-01-07 01:34 | 観光スポット
New Year's Eve Party
c0003272_532755.jpg

いつもは大晦日はとくに何もせずに過ごすのですが、今年はちょっとパーティーがしたくなりました。
主人に提案すると、「(さとこが)したいんだったら、いいけど。」と気のない返事が。リオなら違った反応をしてくれるはず!と思い彼女に
「今年はニューイヤーズイヴパーティーしない?お菓子とかスナックを用意して、皆でゲームして、12時まで起きているのは無理かもしれないからイースタンタイム(東部時間)で9時になる前にカウントダウンしよう!」と言うと、くすっと笑うリオ。
えー、リオまでもそんな反応なの?とがっかりしていると、リオが
「パーティーは大賛成だけど、イースタンタイムでカウントダウンっていうのが可笑しかっただけなのよ。」と慰めて(?)くれました。

とにかく、スナックを買ってきて、ケーキも作って、家族で楽しむことにしましたが、"紅白歌合戦”がテレビでやっている事に気が付きました。そうだ、日本式に年越しうどん(注:そばですよね、本当は。でもうちはおそばが苦手なのでうどんにしました)も食べなくっちゃ、と主人に近所の韓国系スーパーでうどんを買ってきてもらって、準備万端。

皆で"紅白歌合戦”を見て(でも途中でギブアップ)、ゲームをして、年越しうどん(韓国系スーパーで買ったため、唐辛子が利いていました。日本スタイルだと書いてあったのですけどね。-苦笑-)を食べているうちに9時が過ぎてカウントダウンを逃してしまい、結局11時55分頃にテレビでニューヨーク、タイムズスクエアのカウントダウン(録画のものです)を見て皆で「おめでとう!」と祝いました。

本当に和洋折衷な大晦日となりましたが、家族皆で楽しく過ごせた夜となり、幸せでした。
皆が健康で、一緒に過ごせると言うのがやっぱり一番ですねー。

作ったケーキはロールケーキ。周りにビスキュイ・キィエールを飾ってリボンを結んでみました。アイスクリームでこんな風にした写真を見かけたことがあるのでいつか作ってみたかったのですが、アイスクリームを棒状にする自信がなかったので、ロールケーキで代用したら上手くいきました。

[PR]
by family_forever | 2006-01-03 05:36 | お菓子と食べ物
A Happy New Year!
2006年のスタートですね。
c0003272_3445557.jpg

年々1年が過ぎるのが早く感じるのはなぜなのでしょう。ついこの間まで夏を満喫していたのに、あっという間に2005年の後半が駆け足で過ぎ去っていったような気がします。
ブログをはじめて迎える2度目のニューイヤーです。遠くに住む家族のために何気なく始めたブログでしたが、すっかり日記状態になり、そして世界中にいるブロガーの皆さんとの情報交換ツールとして私にとって欠かせないものになりました。
2006年が皆さんにとって良い1年となる事を心から祈っています。今年もよろしくお願いいたします。
c0003272_353459.jpg
しかし、これを書いている時点ではカリフォルニアは大晦日。今日はクリスマスディナーをしなかった分、家族でNew Year's Eve Partyを計画しているのでこれから準備です。お花も買ってきたし♪
[PR]
by family_forever | 2006-01-01 03:55 | 日々感じた事


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
第三 アドベント
from スウェーデンからの生活便り
☆第3回 Harvest..
from Orange Gallery
かぼちゃ饅頭
from 食卓から愛を込めて
パイナップル・アップサイ..
from ころころころらど
メロンパン
from ロサンゼルスな理由 what..
検索
Memo
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧