カリフォルニアの暮らしのいろいろ
by family_forever
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Today's Weather
<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
パンプキンパッチ
c0003272_3444649.jpg

順序が逆になってしまいましたが、木曜日のパーティーの数日前にパンプキンパッチに行ってきました。

パンプキンパッチというのは、ハロウィーン用のパンプキンを売っているところ。普通はパンプキンを作っている農家で売られることが多いのですが、今回行ったのはモールの横に設置された会場。農家的な雰囲気を出すために(?)柵に入れられた動物がいたり(餌をあげられます)、子馬に乗れたりします。そしてカーニバルのような移動式乗り物もあるので子供連れに人気の様子。

私は今まで子供達を連れて行ったことがなかったのですが、一度くらいは行ってみるのもいいかと思い、出かけました。

乗りたがったので、ポニー(子馬)にも乗せてあげましたが、柵の中を自由に乗れるのかと思ったら、実情はメリーゴーランドの本物の馬版みたいな仕組みになっていて、馬が可哀想でした。そういうものだと知っていたら乗せなかったのになぁーと悔やみましたが後の始末。こういう動物虐待に近いようなものを支持したくないのでこれっきりですよ、本当。

でも、マーカスは馬に触ってすごく嬉しそうでした。是非本当の乗馬を経験させてあげなくては。
c0003272_3453746.jpgc0003272_3462240.jpg

柵に入れられている豚や七面鳥にもすごく興味を見せたマーカス。彼がこんなに動物好きとは意外な発見でした。今度、農場に連れて行って牛の乳搾りなど体験させてあげたいです。(リオは4歳の頃経験済み。本人は覚えていないそうですが。)

さて、肝心のパンプキンは好きなものを選んでいる時に、値段を聞かされてびっくり。小さいものでも$7.50と言われてしまい、買うのを止めてしまいました。近くのスーパーで同じようなものが$2.98で買えるのに、そんなに出したくない...

結局パンプキンなしのパンプキンパッチの体験となってしまい、翌日近くのスーパーでパンプキンを購入しました。(去年は早くカービングをしすぎてハロウィーンの当日までにカビだらけになってしまったので、今年は土曜日にしました。)ひとつはリオの作品です。どれだかわかりますか?
c0003272_3465417.jpg

[PR]
by family_forever | 2005-10-31 03:43 | アメリカの文化
ディズニーでHalloween
c0003272_3493660.jpg

木曜日のパーティー会場はディズニーリゾートのカリフォルニアアドベンチャーでした。

平日の夜なのにディズニーリゾートでハロウィーンを楽しもうと沢山の人が集まっていました。先週の金・土と、今週の月~日までの間、夜7:30から10: 30までのハロウィーンスペシャル企画なのですが、チケットは全て完売らしく、うちは一ヶ月以上前にゲットしていましたのでラッキーでした。

大人も子供もコスチュームを着てTrick ot Treatをしたり、乗り物に乗ったり。ハロウィーンの音楽やライトの演出が楽しく、ディズニースタイルのハロウィーンも悪くないなぁと思いました。

ディズニーキャラクターと一緒に。
c0003272_3501777.jpg


c0003272_351893.jpg

メリーゴーランドにも乗って。
c0003272_352267.jpg

楽しかったですが帰宅したのは11時過ぎで翌朝が辛かったです。来年ももし参加するのなら週末のチケットが取りたいものです。

それにしても、Trick or Treatのステーションが12箇所くらいあり、私達は8箇所回りました。おかげですごい量のお菓子が集まってしまいましたよ。(子供達は大喜びですけど私はちょっとうんざりです。)
[PR]
by family_forever | 2005-10-30 03:48 | アメリカの文化
幸せな日
今日3日は私の誕生日でした。

この歳になると、特に嬉しくもないのですが子供達がはしゃいでくれるので、なんとなく盛り上がります。でも、朝からリオが泣き顔。どうしたのかと聞くと、「Mommyに何もあげるものがない。何かプレゼントしたいのに...」と泣くのでした。

リオが元気で幸せでいてくれることが一番のプレゼントだし、今日はいつもの倍言う事を聞いてよい子にしてくれたらそれで充分、と言い聞かせて納得してもらいました。

c0003272_10355857.jpg

午後からアントニーのミーティングもあり忙しい日でしたが(ミーテイングのことはまた後日にでも...)、夕食はテイクアウトのメキシカンで楽をさせてもらい、食後のケーキもリオとマーカスと主人のハッピーバースデーの歌付き、そしてケーキの後はリオがフルートで私の好きな曲を数曲演奏してくれて、良いお誕生日を過ごす事が出来ました。

(ケーキを用意する気はさらさらなかったのですが、午前中に外出中、マーカスが「今日はMommyのお誕生日で嬉しいな!ケーキが食べられるし。」とニコニコ。「ケーキないよ。いる?」と言ったら、「ケーキがなかったらハッピーバースデーの歌が歌えないから、いるよ!」と主張されてしまいました。「じゃあ、ケーキ買おうっか。」ということになった次第です。)

家族で過ごすお誕生日が一番だなぁーと子供達の笑顔を見てつくづく感じた幸せな日となった今年の誕生日。平凡な幸せとか、普通が一番というような主婦や母親の感覚や意見って重要視されない世の中ですが、何が平凡で何が普通なのか断定できる事が出来なくなってきている今日この頃、一番大切なものは何なのかをしっかり見つめて生きていきたいとあらためて思いました。

義理の両親からのプレゼントのお花とお友達からのプレゼント。
ケーキには一桁台分のロウソクを...
[PR]
by family_forever | 2005-10-03 10:34 | 家族


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
第三 アドベント
from スウェーデンからの生活便り
☆第3回 Harvest..
from Orange Gallery
かぼちゃ饅頭
from 食卓から愛を込めて
パイナップル・アップサイ..
from ころころころらど
メロンパン
from ロサンゼルスな理由 what..
検索
Memo
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧