カリフォルニアの暮らしのいろいろ
by family_forever
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Today's Weather
カテゴリ:お菓子と食べ物( 56 )
わーい!
c0003272_815594.jpg

すみません、またマドレーヌの話です...

やっと成功したのでご報告を。(誰も報告を待っていないってば。苦笑)

実は、何度も焼きながらも気になっていたのは、オーブンのラックの位置が低いのでは?という事。
でも、いつも位置を変えるのを忘れてしまい、さぁ焼くぞ!とオーブンを開けた時に「あ、しまった、ラックの位置変えておくの忘れちゃった。」と気が付くしまい。そこで、何とかすればいいのに、早く焼きたいし、予熱してあるし、という事でそのまま焼いてしまう、すると焼き上がりの色が濃い、という繰り返し。

今回、ちゃんとラックを真ん中に入れ替えました。すると...
c0003272_815545.jpg

ちゃんと綺麗な焼き色が!
(こんな事なら早く入れ替えて置けばよかったものを...)

それと、レシピもバター、小麦粉、砂糖がすべて同量のもので試してみると、(昔、母がそんな事を言っていた記憶が微かにあったので)幼い頃に食べた記憶の味を再現する事が出来ました。

これで、ゆっくり眠れます。(笑)
というより、これでしばらくマドレーヌを作らずにすみます。皆さん、お付き合い頂いてありがとうございました...
[PR]
by family_forever | 2006-05-23 08:17 | お菓子と食べ物
Swedenな気分
c0003272_22143362.jpg

私にはスウェーデン人の親友がいます。もう15年の付き合いになるのでお互いにいろんな事を分かり合えている仲。イギリスで知り合ったのですが、一緒にロンドンでミュージカルを観た事、そして、数年後、パリのアパルトマンで一緒にすごした事もあって、夜遅くまで語り合ったり、パーティーに出かけたり、美術館巡りをしたり。ある日、フランス語の練習のためフランス語で会話をしようとして四苦八苦し、数時間で根負けしてしまい、その後お互いに英語が母国語のように感じられて大笑いしたなんていうエピソードも。私がアメリカに住んでからも数回会う機会があり、ユタのキャニオンに旅をした事、レドンドビーチを散策して相談事をした事など、たくさんの良い思い出があります。

最後に会ったのは残念ながらずっと前ですが、手紙やメールで常に連絡を取り続けているのでそんな時間のギャップを感じずにいます。
きっと今度会った時はまるで昨日別れたかのようにしっくりと話が出来るんじゃないかな、と思える、そういう友達って、いいですよね。

いつかスウェーデンに遊びに行きたいなぁ~と思っていますが、そんな機会が来るのはいつの事やら。
そんな思いもあって、スウェーデンという国は私にとって遠いようで近い国。Ikeaに行ってスウェーデンの食料品を買う時はなんとなく彼女に近くなれた感じがして嬉しくなります。

写真は、スウェーデンのバニラクリームソースのミックスを買ってみて作ったデザート。アツアツのりんごのデザートに甘みの抑えたクリームをかけて、ちょっぴりスウェーデンな気分になりました。
[PR]
by family_forever | 2006-05-22 22:35 | お菓子と食べ物
まだまだ遠い...
c0003272_3491389.jpg

さて、今度は温度を下げて長めに焼いてみたマドレーヌ。
今度はもう少し綺麗な色に焼けたものの、型側との対比が...
(失敗作ばかり載せて、皆さんに呆れられているかもしれませんね~ごめんなさいね~)

お味の方は、レモン汁を加えてみたのでさっぱりとしてさわやかな味になりました。
後は、均一に焼けるようにしなくては...
ちょっと思い当たる節があるので、それを直して再度焼いてみる事にしたいと思っています。

ところで、マドレーヌと一緒にいただいたのは、Celestial Seasoningsのハーブティー、Honey Vanilla Chamomileです。ここのところ気に入ってよく飲んでいます。香りがとてもよくって落ち着くのですよ~
c0003272_3443796.jpg
Celestial Seasoningsのハーブティーは、以前かんさんが記事を書かれていましたが、アメリカのスーパーでよく見かけるもの。沢山の種類があるのでいろいろ試してみて自分のお気に入りを見つけることが出来ます。パッケージも可愛いし♪
日本でも買えるみたいなので、ご存知の方も多いかもしれませんね。
[PR]
by family_forever | 2006-05-21 03:50 | お菓子と食べ物
Madeleines
c0003272_22341058.jpg

子供の頃、母がよく作ってくれたのがマドレーヌ。甘くてシンプルな味わいがとても好きだったものです。
マドレーヌの型をウィリアムズソノマでゲットしたので、早速作ってみましたところ、それが上手く焼けない!
マドレーヌってそんなに複雑だったような覚えはないのに...

どのレシピを参考にしても、材料は少ないし、手順もとっても簡単ですが(でも、一晩生地を寝かせる事、母がしていた記憶がないのです。私が気が付いていなかっただけかな?)、焼き上げる時に焦げてしまう。これは明らかに焼き方に問題があるなぁ~とおもっていたところ、daidaiさんが、よいタイミングでマドレーヌのレシピをアップされているではありませんか。
そして、「生地&型をしっかりと冷やし、オーブンはしっかりと熱して一気に高温で焼き上げることと、型に粉をはたくなどの下準備さえきちんとしておけば、だいじょぶです!」
とのアドバイスまで頂き、これなら大丈夫かもと思い再挑戦しました。

せっかくだからdaidaiさんのレシピを使って作り、今回は今までの中で一番の出来。(ちなみに私のマドレーヌ、ココアを切らしかけている事に作りはじめてから気が付いたので量が足らず、色が上手く出ていません。ハハハ...こういういい加減なところが私の弱点ですね。苦笑)

でも、今回焦げてはいないもののやっぱり焼き色が濃い。もっと綺麗な色に焼けるはずだと思うのですが、何がいけないのでしょうか...うちのオーブンに対応させた温度と焼き時間の調節を究めなければいけない気がしています。

私のマドレーヌ、さらに研究が続きそうです。
[PR]
by family_forever | 2006-05-19 23:35 | お菓子と食べ物
Whole Foods Marketのケーキ
c0003272_13452180.jpg

私としたことが、先週の主人のバーズデー当日にケーキを作る時間がどうしてもなくて、ケーキを買いに行ってしまいました。
行った先はどこかというと、
c0003272_13465718.jpg

Whole Foods Marketです。
ここはオーガニックのものや珍しい食料品が買える、人気のスーパーです。質が良いものを取り扱っていることが多いのでケーキも多分アメリカにしては良い方だろうと思い、行ってきました。
チーズケーキやチョコレートケーキもありましたが、自分で作れるケーキを買うのはどうしてもしゃくだったので(笑)、ベリーがたくさん乗ったタルトにしました。
c0003272_13522770.jpg

市販のものにしては、美味しかったです。小さめのサイズにしたので、いっきになくなってしまいました。今度は自分で作ってみようっと!
[PR]
by family_forever | 2006-04-27 13:54 | お菓子と食べ物
リコッタチーズケーキ
c0003272_20585437.jpg

リコッタチーズ、チーズの中ではあまり親しまれていないほうなのではないかと思いますが、そのリコッタチーズを使ったケーキを習いました。
リコッタチーズのリコッタとは“もう一度火を通した”という意味で、乳脂肪を採った後のホエー(乳清)に火を加えて作るそうです。自家製リコッタチーズを作ることも可能のようですが、今回は市販の物を使いました。今までは、ラザニアやカネロニでしか使ったことがなかったりコッタチーズの初のデザート、お味のほうは一般的なチーズケーキよりも軽くて食べやすい感じで美味しかったです。
そしてまだ温かいうちに頂くほうが私は好きでした。小さな容器に入れて(イースターの時期だったので、容器がウサギと卵型...)焼いてもみましたが、その場合は焼き時間を減らさないとパサパサしてしまいます。うっかりしてちょっと焼きすぎてしまいました。生クリームとベリーを添えて食べましたが、蜂蜜をかけてもとても合うらしいです。

c0003272_20594583.jpg

c0003272_2103216.jpg


このケーキもレモンを加えてあるので爽やかでした。普通のチーズケーキだと胸焼けする主人も、このチーズケーキは気に入っていました。主人が会社のイタリア人の同僚に聞いたところ、このリコッタチーズケーキはイタリアではよく作られるものだそうです。皆さんもいかがですか?
[PR]
by family_forever | 2006-04-19 21:11 | お菓子と食べ物
デンマーク風パンケーキ
c0003272_2233389.jpg

カリフォルニアにあるデンマーク村ソルバングに行った時、名物のころころとしたebelskiverというパンケーキを朝食に注文したことがあります。

ころっとしたパンケーキ、家でも作ってみたいな、と思っていたところ、ウィリアムズソノマebelskiver専用のフライパンが売れらている事を発見しました。

思わず、ゲット!と衝動買いしそうになりましたが、よく考えるとこれって、たこ焼きの型にそっくりなのですよね。たこ焼きの型なら、近くの日本食スーパーで安くで買えるのです~。

というわけで、たこ焼きの型を買ってきて、愛用しています。
たこ焼きも作りましたが、子供たちには今ひとつ不評。ころころパンケーキを作ったほうが喜びます。
写真のものはチョコレートシロップと生クリームをかけましたが(クリームはパンケーキが熱いため、すぐ溶けてしまいます)、ちょっと甘すぎました。シンプルに粉砂糖だけでよかったかも。
c0003272_22341151.jpg

たこ焼きの型をお持ちでしたら、ころころパンケーキも可愛いですよ~
[PR]
by family_forever | 2006-04-06 22:35 | お菓子と食べ物
レモンを使ったデザートのレシピ
c0003272_8264541.jpg

レモンクッキーのレシピのリクエストがありましたので、載せますね♪
アメリカのレシピは、~カップという量り方で表示されたものがほとんどなので、アメリカの計量カップをお持ちの方は、カップで表示されたとおりに作ってみてください。アメリカの計量カップをお持ちでない方のために、一応グラムでも表示しておきます。

レモンクッキー
材料(24個分)
ケーキ用粉 1カップと大さじ1(120グラム)
薄力粉    1/2カップと大さじ2(75グラム)
ベーキングパウダー  小さじ1/2
ベーキングソーダ    小さじ1/2
塩             小さじ1/2
無塩バター   1本(114グラム)
グラニュー糖  1カップから大さじ2引いたもの(170グラム)
オレンジの皮(摩り下ろしたもの) 大さじ1
レモンの皮(摩り下ろしたもの)    大さじ1
バニラエッセンス  小さじ1 1/2
全卵 1個
サワークリーム 1/2カップと大さじ3(165グラム)

クリーム
材料
粉砂糖 1カップ(120グラム)
無塩バター 大さじ2(28グラム)
レモン汁 大さじ1と小さじ2(25ml)
オレンジとレモンの皮(摩り下ろしたもの) 小さじ2

《作り方》
1.オーブンを400F(200℃)に温める。
2.粉、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩を混ぜてふるいにかける。
3.室温でやわらかくしておいたバターと砂糖、オレンジの皮、レモンの皮、バニラエッセンスをふんわりするまで泡だて器で混ぜる。
4.卵を加えて混ぜ合わせる。
5.サワークリームを加えて軽く混ぜる。
6.2を加えて均一になるまで混ぜる。
7.大さじ1ほどの大きさで4cmほどの間隔を置いてクッキングペーパーを敷いたクッキーシートに並べて(周りに少し色が付き始めて、触ってみてへこまない程度に)約10分焼く。
8.オーブンから出して2-3分シートに載せたまま置き、その後シートからはずして冷ます。
《クリームの作り方》
1.粉砂糖、溶かしたバター、レモン汁、オレンジとレモンの皮を混ぜる。

冷めたクッキーにクリームを塗って出来上がりです。

さて、実は私がこのクッキーよりも気に入ったのはこちらの↓デザート。

c0003272_73347.jpg


このレモンスポンジカスタードケーキに挑戦したい方はこちらをどうぞ♪
[PR]
by family_forever | 2006-04-01 07:10 | お菓子と食べ物
Lemon Cookies
c0003272_8362354.jpg

このところ、数回ですが、ル・コルドン・ブルーで料理を学んだという先生のクッキングクラスに通っています。

ディナーやデザートを学びましたので、早速いろいろと作っていますが、その中から昨日はクッキーを作りました。
このクッキーは、レモンを使ったデザートというテーマのクラスで取り上げられたものだったのですが、「レモンのスポンジカスタード」(スフレみたいでとっても美味しい!習った翌日に作りました。)、「レモンのタルト」、「レモンクリームのパフェ」などを作った後に最後に登場したので試食でおなかがいっぱいになりすぎていて美味しさが今ひとつわかりませんでした。(苦笑)

ふわっとした食感とレモンとオレンジの利いたクリームがさわやかだったのは満腹ながらもわかったので、作って見るとやっぱり正解でした。軽くて風味が良くて、思わず手が伸びてしまう美味しさでした。

主人も「これは美味しいなぁ~」と、喜んで食べていて、デザート禁止令はすっかり忘れたかのようだったのですよ。(笑)

これから春と初夏にかけて、柑橘系のデザートに凝ってしまいそうです。このクッキーのレシピ、欲しい方がいらしたら載せますよ~
[PR]
by family_forever | 2006-03-30 08:47 | お菓子と食べ物
レモンクリームケーキとフルーツサラダ
c0003272_16311811.jpg

主人からのデザート禁止令はまだ解除されていないのですが、フルーツ関係のものならば良いかな?と思い、レモンクリームケーキに挑戦しました。レシピは以前Wingさんから頂いた「天板でしっとり焼き菓子」から。
写真からもわかると思いますが、レモンクリームで見事失敗してしまいました。(悲)

クリームを作るときには、ついつい煮すぎる傾向があるのですが、今回も長く火にかけすぎてスクランブルエッグ状に近くなってしまい、さらっと、とろっと、といったクリーム状からかけ離れてしまったのです。
それでも、せっかく作ったので作り直さずにそのクリームを使って仕上げてしまいました。
レモン汁が沢山入っているのでかなり甘酸っぱいクリームになるのかな?と思ったのですが、意外とレモンの味はあまりしませんでした。レモンエッセンスとかも入れたほうが良かったのかもしれませんね。

失敗したので物足りなかったため、フルーツサラダも作りました。これは失敗したくても失敗しようがないものなのです。(笑)
c0003272_072673.jpg

フルーツを切ってホイップクリームと混ぜるだけ。アメリカ人はこれにミニマシュマロを加える事が多いです。初めて主人の家の食事に呼ばれた時に出てきてあまりの甘さに(果物も缶詰のものだったような...)びっくりした記憶があります。
ところでフルーツサラダを作るたびに「フルーツサラダの唄」を思い出してしまいます。
♪私のうちじゃ誰もフルーツサラダ大好きよ♪という出だしだと思うのですが、皆さんご存知ですか?
[PR]
by family_forever | 2006-03-14 00:12 | お菓子と食べ物


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
第三 アドベント
from スウェーデンからの生活便り
☆第3回 Harvest..
from Orange Gallery
かぼちゃ饅頭
from 食卓から愛を込めて
パイナップル・アップサイ..
from ころころころらど
メロンパン
from ロサンゼルスな理由 what..
検索
Memo
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧