カリフォルニアの暮らしのいろいろ
by family_forever
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Today's Weather
カテゴリ:日々感じた事( 30 )
素敵な生き方
お菓子作り大好き、写真の勉強も好き、手作りも好き、映画も好き、アンティーク物も好き、と自分の好きなものに囲まれて過ごす生活というのは快適なものです。
雑誌やカタログ、そしてネットで好きなものを見かけると、「いいなぁ~こんな物欲しいなぁ~」と、欲しいものリストがどんどん長くなったりする事も。(笑)
そして、いろいろなものに囲まれて暮らしている人を見て素敵だな~と憧れたり。

だけど、だけどね、本当に大切なものはそんなことではないってこと、心の奥ではわかっているのです。

世の中、楽しい事ばかりではなくて、どちらかというとつらくて大変な事の方が多いのが現実。
そして、何も問題なく、幸せそうに見える人でも、絶対といっていいほど何か悩みを抱えているものです。
数年前に知り合ったある女性は、可愛い3人の女の子と優しい旦那様を持ち、大きくていつも綺麗に手入れをされた家に住んでいて、まるで絵に描いたような生活を送られているように見えました。
そんな彼女が知り合って数ヵ月後にふと話してくれたのは、「実は長男がいたのよ。」という哀しいお話。最初の子供であった彼は、クリスマスの時期に突然死してしまったのだそうです。1歳にも満たなかった、そして彼女の外出中に何の前触れもなく逝ってしまったという話を聞きながら、大泣きしてしまった私。そして、「あ、彼女からいつも感じる優しさや暖かさはそんな出来事が根底にあったからなのかも。」と、妙に納得してしまいました。

いろいろと苦労や辛い経験をして、そしてそれを乗り越えた方というのは、何かが違います。特殊なオーラがでているというか。(笑)

どこが違うのかを考えながら私なりに気がついたのは、彼らは皆ある事を悟っているのではないかという事。
好きなものに囲まれて、欲しいものがあって、美味しい食事を味わうなど、そういった事をエンジョイするのは楽しいけれど、それらが決して幸せを生み出すわけではなく、結局はただの暮らしのエッセンスでしかない事を理解してしまっているのだと思うのです。

本当の幸せはお金では買えないものだという事を身を持って体験してしまうと、本当の幸せとは何か、人生の目的は何か、とか深く考えるようになるのではないかと思います。そして自己満足的な行為の虚しさを悟ってしまう...そしてそれがその人たちの強さの根源へと繋がっていく...

私の人生など、まだまだ苦労の少ないほうです。アントニーの事があるからこそ、少しは成長させてもらっているののの、まだ悟りの境地には達していない未熟な面がたくさん。幸いな事に、一緒に歩んでくれる主人が時々こんなアドバイスをくれたりします。
「Martha Stewart(アメリカのカリスマ主婦。素敵+エレガントな暮らしの提供者)の生き方とMother Teresaの生き方とどちらを選ぶか?」(注:これはあくまでもイメージに基づいた例えです。)
答えは決まっているので、そういわれると、主人に「素敵な食器が欲しい~!」なんて喉まで出かかっていた訴えをぐっと我慢する事に。(苦笑)

自分を幸せにする事に重きを置くよりも、周囲の人に幸せを与えられる事を重要視する人生、それこそが本当の「素敵な生き方」だと思うし、そんな人生を送りたいな、と思うのです。心の豊かさを忘れないように、と自分に言い聞かせながらそれでも毎日押し寄せる誘惑と戦う、いたらない私です。それでも、昨日よりは今日、今日よりは明日、と少しでも進歩していきたいと思うのです。
[PR]
by family_forever | 2006-07-31 11:18 | 日々感じた事
久しぶりに泣いた夜

ブログめぐりをしていて、たまたま見に付いたのが、映画「ぼくはうみがみたくなりました」制作準備実行委員会のバナー。
(自閉症児をもつ親の方のブログを読んでいたので、たまたまというわけではないのですけれど...)

「ぼくはうみがみたくなりました」はレインボーおやじさんこと山下久仁明さんの小説で、自閉症の青年が主人公のお話です。
先週NHK「ニュースウォッチ9」の特集で紹介されていたそうなので(見たかったです~)
御存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。
この小説を映画化しようと、山下さんは現在資金集めにとりかかっていらっしゃるようなのです。

主人公のモデルは山下さんの息子さんなのですが、養護学校の高等部入学を控えたこの3月に散歩の途中にJRの線路に入ってしまい、電車に轢かれて命を落とされてしまいました。
山下さんのブログを読ませていただいているうちに、涙が止まらなくなってしまって...
子供を亡くしてしまう事は、人生のなかで最も辛い事の1つだと思うのですが、大輝君のように、あともう少し上手く電車を避けれていれば助かったのに...というケースは悲しすぎます。
思いっきり泣いてしまった後は、傍にいたアントニーをぎゅっと抱きしめてしまいました。アントニーのことは大変だけれど、でも彼は生きている、そして笑顔を見せてくれている、とつくづく感じたのです。

私のブログは、もともと子育てブログだったのが、最近では個人情報を少し気にし始めてきて、プライベートな事は控えるようになってきています。(そのことについての記事はこちらこちら。)
そのため、アントニーのことに触れる内容もほとんどないし、さらっとまとめる事が多いのですが、私の生活自体は以前と変わっていないのです。例えば、昨日のブログ、お菓子作りのことだけしか書いていませんが、その日は朝からアントニーがベッドにおねしょをしてしまい、その後なぜか数回にわたってソファでお漏らしをしてしまった、とっても困った日でもあったのです。(ちなみに彼は普通はちゃんとトイレに行ってくれるのです。どうしてこの日はこんな様子だったのか理解できずに首を捻ってしまいました。)
そんな事をここで書いても他の人には不愉快かもしれないと思い、そういった内容は書かないようにしていますが、そうすると、私のブログを読んで「素敵な生活をおくられているのですね。」といった内容のメールをいただいたりすることもあり、独りで苦笑いすることも。

で、少し前から悩んでいたのですが、山下さんのブログを読みながら、やっぱりアントニーの事(自閉症の事)も少し書いていこう!と決心しました。すこしでもまだまだ理解の少ない自閉症について知ってもらうのに、私のブログもささやかながら貢献できるといいな、と願うのです。
もしその事によって、読者が減ってしまうかな?とも考えたのですが、読むも読まないも皆さんの自由ですものね。そして書くも書かないも私の自由なんだ、とやっと思えるようになりました。
(そして、以前の記事はすべて非公開の設定にしてしまっていたのですが、アントニー関係の分は少し前から再び公開しています。横のカテゴリーのkidsに入っています。)

さて、「ぼくはうみをみたくなりました」ですが、大輝君の三周忌までに映画を完成させたいという山下さんの思いを叶える為に、そして山下さんの息子さん、大輝くんの為にも映画化が実現するといいなと心から思います。
HPで制作費のカンパを募っていますので、皆さんも御協力をお願いいたします。カンパが無理でも、宣伝という手もありますので...(私も今のところはその手です。苦笑)
詳しくは←のバナーからよろしくお願いします。
[PR]
by family_forever | 2006-07-18 02:17 | 日々感じた事
日本の文化も大切に
うっかり忘れそうになっていましたが、娘が「今年もしようよ!」と乗り気だったので、ギリギリでしたが作りました、七夕の飾り。

なんでも手に入る南カリフォルニアといえど、笹だけは見つからなかったので、ちょうど落ちていた木の枝を見つけて代用しました。子供たちと一緒に、折り紙でお魚、イカ、星、彦星と織姫など作り、もちろん(子供たちが)一番楽しみにしている短冊も準備しました。
家族で願い事を書いて飾ってから、七夕のお話をして、七夕の歌を歌うというささやかなお祝い。
こうやって日本の文化を取り入れていく事も大切にして、忘れないようにしなくてはと思います。
c0003272_101427.jpg


願い事は何かというと...
[PR]
by family_forever | 2006-07-10 10:19 | 日々感じた事
ペンギンと子供の教育
こちらの図書館では、比較的新しい映画の貸し出しが可能です。
最近借りたものといえば、
「Mr. &Mrs. Smith」
「Mad Hot Ballroom」
ただ、新しい映画は借りたい人が多いので、順番待ちしなければいけません。図書館のカードを使って予約するのですが、人気のある映画だと、自分の前に40人くらいいたりして。1人一週間貸し出しできるので、とすると自分の順番が回ってくるのは40週間後くらい。早くみたい~と思っている人には向きませんが、急がないのなら平気。しかも予約手数料は25セント(約35円)。無料みたいなものですよね~

昨年から評判がよかった「March of the Penguins」(邦題「皇帝ペンギン」)、やっと順番が回ってきて先週借りる事が出来ました。
家族で観ましたが、感動ものでした~キュートで切なくって,本当になんともいえない良い映画でしたが、子供たちは赤ちゃんペンギンが襲われるシーンでは真剣に泣いてしまっていました。でも、それが現実。よい教育の機会となった点でもこの映画は二重丸です。

ただ、ちょっと...
[PR]
by family_forever | 2006-06-28 15:15 | 日々感じた事
残念な事と嬉しい事
c0003272_11493083.jpg


以前から時々訪れていた古本屋さんが店じまいをする事になってしまいました。

アンティーク風な古い子供の絵本などがあったり、なんとなく懐かしい雰囲気のする店ずまいが気に入っていたのですが、いつもお客さんにあふれているという感じではなかったので今回の閉店も仕方ないのかもしれません。

初めてこの本屋さんに入った時のことです。児童書のコーナーにさりげなく置かれていたチェッカーボードが目に留まりました。描かれている猫の表情や,全体の色合いがとても気に入りってしまい、お店の人に尋ねましたが、売り物ではなく、子供たちが遊ぶために置かれているものだとの事。「うーん、残念。」と思ったものでした。

今回閉店のニュースを聞いて最初に思い出したのはそのチェッカーボード。どうなってしまうのか気になっていたので、先日通りかかった時に立ち寄ってみました。
児童書コーナーに直行して探すと、以前のように絵本コーナーの前に置かれていたチェッカーボード。よく見ると,なんと値段が付いているではありませんか!
即、手にとってレジに走ってしまいました。

レジの人と、
「これ、ずーっと欲しかったのだけれど、売り物でなかったのよ~」
「あら、値札付けられているわね~」
「そうなの。嬉しくって!あ、でも、お店が閉店になってしまう事は残念だけれど...」
「そう、残念なのよ~」
と会話をしてお店を出ましたが、嬉しさにもう顔がにんまり♪
c0003272_11501864.jpg

ペイントの剥げ具合などから想像して、多分1970年代くらいのものかと。ハート型の駒も可愛いし、なんといっても猫ちゃんたちがいい感じ♪(全体の大きさは38cm×25cmくらいです)
実は一目見たときから猫好きのこの人にあげたいと思いました。今度会うときに絶対プレゼントしたいと思っています~
c0003272_11511841.jpg

[PR]
by family_forever | 2006-06-14 11:58 | 日々感じた事
外は快晴ですが…
c0003272_8331427.jpg

快晴の続く南カリフォルニアですが、寝込んでいます。
子供たちが腹痛、下痢、嘔吐で苦しんでいたと思ったら、しっかり私と主人にも移ってしまい、家族全員ダウンしてしまいました。(トホホ…です)

やっと昨日少し元気が出てキッチンに立てたので、お粥を作り、梅干をのせて食べました。
(あー、美味しかった~!)

そんなわけで、皆さんのブログに訪問する事も、コメント欄に返答する事も出来ていなくてごめんなさい。
元気になったら、たまってしまっている家事をやり遂げて(こんな時に誰かがしてくれるといいのですけれどね~回復して自分でするしかない!‐苦笑‐)、ブログを復活させたいと思いますので、ちょっと待っていていただけるよう、よろしくお願いします~
元気になって早く皆さんのブログにも遊びに行きますからね~!
[PR]
by family_forever | 2006-06-05 08:44 | 日々感じた事
嬉しかったこと
日本でもオープンしたらしいIkea。私も大好きなのでよく足を伸ばします。
"買えるモデルルーム"(Tokoさんに名言!って言ってもらっちゃった♪)なのが楽しくてついつい時間が経つのを忘れてしまいます。

先日Ikeaの近くを走っていて、ふと「As is」のコーナーに行ってみよう!と思い立ってしまいました。「As is」のコーナーは何かというと、チェックアウトの近くにある展示品や少し損傷のある商品などを返品不可で安値で売っているコーナー。
もともと値段の安いIkeaなのに、そんなコーナーではよりお得な値段で掘り出し物が見つかることがあります。

なぜかどうしても今行かなくては!という気分になっていつもはゆっくり店内を回るのに今回はお店に入るなりそのコーナーに直行。すると、あるある私の好きなもの...

これらが今回ゲットしたものです。
c0003272_1571115.jpg

ピンクのバラのお皿は1枚なんと$0.69、マグは$0.49、クリーマーは$0.59、ブルーのバスケットは$1.49、って、信じられないお値段。しかも状態もよくって目立った傷もありません。可愛い模様の生地はシャワーカーテン、フックも付いて$4.59でした。

あ~直感に従って、行ってみてよかった~

もう1つ嬉しかったこと
[PR]
by family_forever | 2006-05-16 02:04 | 日々感じた事
アメリカの良いところ

日本から来客がある時、よく聞く感想が
「お店のレジの人がいろいろ言ってくる。」(笑)
です。

私は気が付かなくなっているのですが、確かに買い物をしてレジで支払う時など、
「How're you?」はもちろんのこと、
「探しているものを見つけることが出来ましたか?」
「荷物を車に運ぶのを手伝いましょうか?」といった業務的なことから、
「これ買ったことがないけど、美味しい?」と買っているものを見て聞いてきたり、
「今日は学校はないの?」とリオに話しかけてきたり、という普通の会話もします。

日本だと何も言わないみたいなのですが、アメリカのこのスタイル、人間味があって私はとても好きなのです。

たとえば、銀行に入金に行った時のことですが、窓口の女性の後ろに、Happy Birthday!と書かれた風船がたくさん飾ってありました。
「お誕生日なの?おめでとう!」と言うと、彼女は嬉しそうに、
「ありがとう。同僚がお祝いしてくれたのよ。もう78歳になってお誕生日祝いでもないのだけれどね~」などいろいろ話しながら入金手続きをしてくれました。
最後に、
「良いお誕生日をね。」「あなたも良い一日をね。」と言いあって笑顔をかわし銀行を去ったのです。

またこんなこともありました。あるお店でレジの支払いをしている時に主人から電話がかかって携帯をとった後、レジの男の子が
「その着信音の曲が昨日から頭にずっと残っている曲と同じだったからびっくりしたよ~」と。
そこから話が弾み、彼の友人がその曲を練習している事、彼もオペラの勉強をしている学生だと知り、「頑張ってね~」と声をかけてお店を出ました。

そういった他愛のない会話でも、その人の人生を垣間見ることが出来るとすごく温かい気持ちになって私はとっても嬉しくなります。周囲の人への親しみといとおしい気持ちが増すと言うと大げさかもしれませんが、ふれあいを感じられることっていいな、と思うのです。

もちろんすべての人が親切でフレンドリーなわけではありませんが、そうやって「人として接すること」って気持ちがいいし、何事においても大切なことだなぁと思います。

いつか見た夕暮れ時のお月様。
c0003272_22405383.jpg

[PR]
by family_forever | 2006-05-10 22:42 | 日々感じた事
ちょっとお休み
c0003272_125770.jpg

雨が降ったかと思えば、カラッと晴れたり、変なお天気が続く南カリフォルニアですが、実はここのところブログを書く時間が少なくなっています。

5月のはじめにはリオのテストもあるので、少しは準備をしなくてはいけないし、ちょっとプロジェクトも抱えているのです。

ここ1-2週間は不定期な更新となりますが(今までもそうですけれどね~苦笑)、待っていてくださいね。写真だけはたくさん撮っておくようにします♪
[PR]
by family_forever | 2006-04-24 01:08 | 日々感じた事
感動しています
c0003272_22543989.jpg

おととい非公開ブログを作ると書いてから、いろいろな方にコメントやメールをいただいています。どうもありがとうございます。

なかには「ずっと前からブログを読ませていただいています。」という方もいらして、私はなんて素晴らしい読者の方に支えられてきたのだろう、と感動しています。

ネット上で一方通行のように書く形式のブログは、どうしても相手が見えないので、自分の意見をどこまで書いていいものか、愚痴のようなものを書いて不快感を与えてしまっていないか、拙い私の思想のようなものを書いて、偉そうに聞こえていないか、説教くさくなっていないか、などが気になっていました。訪問者が増えるほど、肩に力が入ってきてしまっていた私ですが、今回皆さんからのご意見を頂き、ちょっと考えすぎだったのかもしれないと思うほど、温かいお言葉に涙が出ています。

私のブログを読んでくださる方は、優しさにあふれた方ばかりで、そういった皆さんに読んでいただいていて、なんて恵まれているのだろうと感謝の気持ちでいっぱいです。

非公開ブログですが、定期的に読んでくださる方で連絡先がわかる場合にはお誘いのメールを送らさせていただいています。私の方で見落としている場合もございますので、「メールが来ないなぁ」と思われている方がいらしたら、是非ご連絡ください。
非公開ブログの目的は安全面であり、私の個人的なことには興味がない方もいらっしゃるのではないかと思ったためで、この事で皆さんに気を使わせてしまったり、疎外感を与えるようなことになっているとしたら、本当に申し訳ないです。

ここのところ、お天気が悪く、暗い雰囲気の南カリフォルニアですが、私の心は春の日差しが注いでいるかのようにほかほかしています。皆さん、いつも見守ってくださっていて本当にどうもありがとうございます。これからも未熟者ですが、よろしくお願いいたします。
[PR]
by family_forever | 2006-04-05 23:24 | 日々感じた事


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
第三 アドベント
from スウェーデンからの生活便り
☆第3回 Harvest..
from Orange Gallery
かぼちゃ饅頭
from 食卓から愛を込めて
パイナップル・アップサイ..
from ころころころらど
メロンパン
from ロサンゼルスな理由 what..
検索
Memo
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧