カリフォルニアの暮らしのいろいろ
by family_forever
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Today's Weather
カテゴリ:Kids( 32 )
クリスマスのプレゼント
最近、レゴに凝っていて、もっとレゴを欲しがっていますが...
c0003272_3332045.jpg

クリスマスというと、子供達が真っ先に思い浮かべるのがプレゼント。
今の時期はどこのお店に行っても買い物客で賑わっています。先日、Targetに行ったら、大量なおもちゃを買い込んでいるお母さんがいてびっくりしてしまいました。
それを見て、うちの娘もあれが欲しい、これが欲しいなど言い出すしまい。(苦笑)

クリスマスを宗教的に捉えてお祝いする人は少なくなってきています。(日本では特に、クリスマスはイエスキリストの生誕を祝うものと意識している人はどのくらいいるのでしょう。)
そして、多宗教の国アメリカでは、'クリスマス'を祝わない宗教を意識して、「Merry Christmas!」ではなくて「Happy Holidays!」と声をかけあう、そして学校の行事ではクリスマスの歌は一切歌わない、という傾向に移行しています。
下の息子の冬の発表会が来週ありますが、練習している歌はすべてクリスマスに関係ない、冬の歌。しかも学校から「宗教的な歌やお祝い事は全く含まれていませんので、ご負担をかけることなく参加していただけます。」との説明文まで配布されました。

そうなると、ますます皆の意識が集中するのはサンタクロースやプレゼント。お祭り騒ぎ的なイベントになってしまうのは無理ないですよね~

我が家ももちろんクリスマスは大好き。ツリーを飾って、イルミネーションを楽しんだり、うきうきしてしまうこの時期、楽しいですもの。ただ、うちはクリスチャンなので宗教的な意味を中心にお祝いする事にしています。だから、親からのクリスマスプレゼントは最低限しかあげません。主人の両親や私の親からプレゼントを貰うので、それでじゅうぶんなのです。(昨年、一昨年のクリスマスの様子を憶えていらっしゃる方は、うちの子供たちがおじいちゃんおばあちゃんから大量にプレゼントを貰う事、ご存知ですよね~じゅうぶん過ぎといえるかも。)
クリスマス=何が貰えるか?といった自己中心的な考え方をする子供に育って欲しくないというのが、私の思い。だから、例えば、プレゼントを3つ貰う代わりに1つにしておいて、残りの2つを買うお金でほかの人にプレゼントをする、または恵まれない人に何か出来る事をする、という事を小さい頃から意識しておくのは良い事なのでは、と思うのです。

自分のことより他人のことを先に思いやれる、って難しいです。特に小さい子供は教えられないとまず無理。だから、せめて1年に1度だけでもそんな事を意識させる日があってもいいですよね。(本当は1年に1度ではなくて、毎日の方がいいんですけれど。笑)
キリスト教でなくてもいいんです。サンタクロースがやってきて、プレゼント貰って、美味しいケーキを食べてお終~い!じゃなくて、「クリスマスって、キリスト教の人がイエスキリストの誕生を祝ってお祝いする日なんだよ。イエスキリストって、自分の事よりほかの人のことを常に考える人だったんだって。うちはキリスト教じゃないけれど、家族やお友達や、世界中の人のことを考えて皆が幸せである事を感謝しようね~」なんていう会話があってもいいんじゃないかと。

無理かな?やっぱり宗教的なお話しするのは抵抗あるかもしれませんね~
私ももともとキリスト教に抵抗があったタイプなので、わかります。(苦笑)

とにかく、宗教に関わらず、子供達には自分がよければそれで幸せ♪という考えを持たないように、しっかり親が教えていきたいですね。

*追記*
[PR]
by family_forever | 2006-12-15 06:28 | Kids
11th Birthday
10日ほど前でしたが、アントニーが11歳になりました。
彼のお誕生日は複雑な気持ちがする日なので素直にお祝いする気分にはなれなかったりするのですが、この間のミニチュアゴルフのような発見があったばかりだし、今年はなんとなく例年より明るく迎える事ができたような気がします。

せっかくなので、お祝いに家族揃ってボーリングに出かけました。(ミニチュアゴルフでのような発見を期待しつつ...)

c0003272_1116533.jpg

やはりボーリングはミニチュアゴルフよりは難しかったようで、ボールを投げるのがアントニーにはちょっと困難でした。でも、やる気は見られたし、ボールがピンに当たるかどうか最後までじっと様子を見たりするなどの関心のほどが見受けられたのは嬉しかったです。



バースデーケーキにはケーキがそんなに好きでない彼のために、ブラウニーを焼いてアイスクリームを乗せてケーキの代わりにしました。皆でハッピーバースデーを歌ったら、耳をふさいでいましたけれどね。(それに結局ブラウニーは食べずに、アイスクリームだけ食べてました。苦笑...来年はアイスクリームのケーキにしようかな。)
c0003272_14435197.jpg

もう11歳、そして来年は中学生...
将来のことを考えると不安が多いのですが、前向きに頑張っていこうと思います。そしていつまでも健康でいて欲しいです。
[PR]
by family_forever | 2006-10-24 14:50 | Kids
Back To School Night
新学期が始まってから数週間経ちました。で、先日アントニーの学校でBack To School Nightがありました。これはなにかというと、学校説明会みたいなもの。担任の先生と会ってクラスの様子、授業の進め方などの説明をうけます。

今年は去年と同じ先生、ほとんど同じクラスメートなので問題なく新学期を迎えられてスムーズなスタートをきることが出来ています。昨年は2日目にして学校から呼び出しがあり、緊急会議を開かなくてはいけなかったほど大変だったのですが、それと比べると、雲泥の差です。ほっとひと安心...

担任の先生は夏休みの間に日本へ行き、武蔵野東学園へ見学に行かれたのですが、教育方針と成果のほどにかなり感動なさったみたいです。説明書を私のために持ち帰ってきてくださいました。そして、武蔵野東学園で行われていることを参考に新しくマラソンを毎朝始めるようにしたり、音楽やアートなどの情操教育も積極的に取り入れるようなカリキュラムを組まれました。
前向きな姿勢で生徒のためにカリキュラムの向上を図ってくれるのは本当にありがたいこと。
今学年1年間で、アントニーにも進歩が見られるといいな、と思います。
c0003272_1152535.jpg

これは、先生が見せてくれたアントニー作のレゴ。おもちゃで遊ぶ事のない彼ですが、自分でこんな風に組み立てたらしくって、なんか可愛い~と思い嬉しくなって写真をパチリ。(カメラは常時バッグに入れてあるのです...笑)

さて、新学期が始まる前に真剣に悩んだしまった事がありました。
[PR]
by family_forever | 2006-09-18 01:31 | Kids
Turning Japanese
c0003272_15324942.jpg

娘の話題が続いていますが、彼女は先週から日本語学校に通い始めました~

日本語は私の母国語ですので私が教えればいいじゃん!と思うのですが、我が家はアントニーの事があって、彼の症状が出始めた頃、出来るだけ混乱させないようにするため、英語オンリーに統一してしまいました。いったんそうなると、なかなか日本語を使わなくなり、なんか今さら~って、感じになるのですよね。バイリンガル教育って、結構難しいのだとひしひしと実感...

しかし、やはり日本語は話せないと、日本の家族とお話しできないのは寂しいし。というわけで、週一回でも日本語学校に通えばよいきっかけになるのでは?と思い、乗り気でない娘を説得しました。(彼女は“フランス語習いたい~!”なんて言うのです。やはり私の子です...苦笑)

そんなわけで、いやいや通いはじめたのですが、行ってみると、クラスメートに同じ年の女の子がいたりして、すっかり気に入った様子。宿題も自分からちゃんとやっているし、それに毎日「日本語でこれは何て言うの?」とやたら聞きたがり、知っている日本語は使いたがるようになりました!
1週間でこの進歩、嬉しいです♪

この調子でいくと、意外と上達するのは早いかも?なんて期待してしまっています。
来年からはマーカスも幼稚園部に入る予定。これも楽しみ~
[PR]
by family_forever | 2006-09-16 15:37 | Kids
Birthday Fun
ご無沙汰しています~
まるでブログを止めてしまったかのような状態ですよね。(苦笑)
実は忙しくってブログを書く時間がなかったのです。(コメントの返事も遅くなっていてごめんなさい!)
とりあえずRioの誕生日の様子をアップです♪
c0003272_12145982.jpg

パーティーをしようかと思っていましたが、今回は家族のみでおうちでお祝いし、仲の良いお友達が2日違いの誕生日なので一緒にChuck E. Cheese'sへ出かけたりしました。
c0003272_1216104.jpg

日本に住むペンパルのMちゃんからも可愛いプレゼントが届いてRioは大喜び♪
Mちゃん(そしてMちゃんのおかあさん)どうもありがとうございます。
c0003272_1217235.jpg

日本の私の両親からもリカちゃんのお人形のほか、昨年プレゼントしてくれたBuild‐A-Bear Workshopの猫ちゃん用のお洋服セットもプレゼントしてもらって嬉しそう~

そしてバレリーナのオルゴールですが、、、More Pictures
[PR]
by family_forever | 2006-09-11 12:28 | Kids
Birthday Presents
Rioのお誕生日プレゼントがいち早く海を越えて届きました~
c0003272_1393156.jpg

送ってくださったのはHave a nice day!のtoguさん。ブログがきっかけで日本とカリフォルニアと離れているにもかかわらず、こうやって知り合うことが出来て本当に感謝!です。
c0003272_14042100.jpg

toguさんはカルトナージュをなさっているので、お手製のコスメボックスをRioのイメージの生地で作ってくださいました。そして眼鏡ボックスも。彼女はいつも「眼鏡どこに置いたっけ~?」と言って探しているのでぴったりです。(toguさん、もしかして超能力者?)
c0003272_141357.jpg

そして、私にもコスメボックスを作ってくださいました。生地が私好み~♪(やはり超能力者ですよ、toguさん。)
Rioのコスメボックスもですが、スワロスキーのミラー付きなのもお洒落です。
c0003272_142157.jpg

なお、嬉しい事に寸法の図解を同封してくださったので、これは自分でも作ってみるしかないです。やはり、私はカルトナージュをカリフォルニアに広める運命なのでしょうか...(大げさ。笑)

うちの2人の男の子のためにミニカーも包んでくださり、そしてtoguさんのお嬢様から、私へ本のプレゼントまで。(感涙)全国障害者と共に歩む兄弟姉妹の会東京支部編の「きょうだいは親にはなれない...けれど」という、きょうだいに障害者がいる兄弟姉妹の声を集めた本です。
少し読み始めただけで涙していますが、考えさせてくれそうな素晴らしい本、わざわざ送っていただいて感激しています。

toguさん、本当にどうもありがとうございました。大切に使わせていただきます!
[PR]
by family_forever | 2006-09-02 01:49 | Kids
あと1ヵ月
c0003272_6583938.jpg


上の写真は昨年作った娘のお誕生日ケーキです。娘の9歳のお誕生日があと1ヵ月と迫ってきました。
お誕生日は子供にとってはビッグイベントなので、そろそろカウントダウンが始まっているのです。(笑)

プレゼントのリクエストのリストを先日受け取りましたが、リストの中から何を選ぶか、迷っています。(リスト、長すぎなんです。笑)
そしてバースデーパーティーはどうするかも考えなくてはいけません。
面倒だなぁ~という気持ちもありますが、こうやってお誕生日を迎えられるという事、本当に幸せな事ですよね。毎年、無事に大きくなってしっかりとした人間に成長して欲しいな、と思います。

ところで、リストの中には
「バレリーナのジュエリーミュージックボックス」があります。蓋を開けるとバレリーナがオルゴールと一緒にくるくる回って踊る宝石箱です。ロマンチックでバレリーナが好きなリオが欲しがるの、無理ないなぁ~と思わせてくれるものなので、これは必ずプレゼントしたいな、と思って探し始めています。実は、ネットオークションで1940年代の古いこの手の宝石箱を見つけたのですが、子供にはどうかな?と思っています。私なら、そんな古い感じの趣のあるものが欲しいのですが、彼女が気に入りそうなものを選ばなくてはいけませんね~
どなたか良い情報ご存じないですか?

そして、リストにはリカチャン人形のリクエストもあります。バービーよりもリカチャンの方が好きなんですって。これは日本のおじいちゃんおばあちゃんに頼まなくては~
[PR]
by family_forever | 2006-08-15 07:12 | Kids
Ballet Recital
c0003272_1554262.jpg

娘のリオのバレエの発表会がありました。
薔薇が綺麗に咲く小さなお庭の前にあるシアターで行われた発表会、私の方が娘より緊張していたかも。

3歳の頃から習っているバレエ。本人はバレエ以外のダンス(ジャズやヒップホップ)には全く興味がないみたいで、クラッシック音楽が好きなせいもあり、バレエ一筋で行きたいようです。
スポットライトを浴びて同じクラスの子達と楽しそうに踊る姿を見て、彼女の成長を感じました。

本番は撮影禁止だったので、控え室の様子だけ。
[PR]
by family_forever | 2006-06-15 15:59 | Kids
ピンクの効果
c0003272_23224965.jpg

ここ2‐3日アントニーの機嫌がとても悪いのです。荒れて泣くことも多いし、頭を押さえたり耳をふさいだりもしているので、多分頭痛がするのかなぁ~と思っています。
アントニーに接するときにはいつも感じることですが、何が原因なのかわからないのがとてももどかしいです。本人はきっともっともどかしいことだと思うので、荒れるのは仕方がないなぁとは思いますが、そのために物が壊れたり、叩かれて腕にあざができるのも嬉しいことではありません。

アントニーがランプを倒して壊してしまったので、新しいランプを買ってきました。また壊されるかもしれないので、安いシンプルなランプシェードにしましたが、なんとなく物足りないのでピンクのビーズの飾り用テープを見つけてランプシェードの下のところにぐるっと飾り付けることにしました。

最近ピンクに凝っていますが、ピンクには気持ちを落ち着かせる、攻撃的な気分を抑制する効果があると聞いているのでもしかしてアントニーにも効くかなぁと期待しています。
刑務所でも、極悪の犯罪をおこした囚人の部屋は壁をピンクに塗ったりするそうです。あと、ある高校のフットボールチームの監督さんが、試合に来る相手チームのロッカールームの壁をピンクに塗ったという話も聞いたことがあります。
フットボールの試合にどれだけの効果があったのかは不明ですが(笑)、刑務所の方は効果があったという結果が出ているようです。

家を買った時にはアントニーの部屋の壁はピンクにしようね~と主人と話しています。
[PR]
by family_forever | 2006-02-21 23:24 | Kids
IEP
c0003272_085575.jpg

3年おきに行われるアントニーのテスト診断の結果報告と今後の課題を話し合うミーティングに行ってきました。

3ヶ月ほど前にスピーチセラピーの事で集まった時と同じように、アントニーの担当の先生の他、セラピストや校長先生など計8人でアントニーのことを話し合いましたが、今回改めて感じたのは皆が親身になってくれているという事でした。

学校側とミーティングをする場合、表面上では和やかでも内心はお互いにピリピリしている事や、事務的な雰囲気が流れている事などは多いのです。障害児を持つ親は(特に自閉症児を持つ親)は学校に対する要求が受けいられない場合、弁護士を使う事が少なくありません。裁判にまで行ってしまう事もあります。ですから、学校側としては神経を使わざるを得ないということがあって親に対しての対処の仕方に構えたものを感じる事が多いのです。

私は裏表がない人間なので、隙を見せないぞ!と心の中で思っているのに顔は笑っているといった先生やセラピストと接するのが苦痛でミーティングの前に胃が痛くなったことも多々ありました。

今アントニーが行っている学校の先生、セラピストはそういった感じがあまりないのでとても助かっています。そして州の障害児福祉センターのアントニー担当の人がミーティングに参加してくれてとても心強いのです。今までずっと1人で立ち向かってきたミーティングですが、この人が昨年3月に担当になって以来いつも一緒に行ってくれるので本当に精神的にプラスになっています。
今回のミーティングでは皆がアントニーのことだけでなく、私のことも心配して気にかけてくれたこともとても嬉しかったです。
アントニーは今のクラスの先生やアントニー専用のアシスタントの先生に慣れてきて進歩を見せてきています。9月に新学期が始まった頃と比べると学校での攻撃的な行いが極減していて、そのため学業に集中できるようになってきているのです。
来年度もこの学校に通えるのでしばらくは大丈夫だと思いますが、この先、中学、高校、と進むにつれてどうなっていくのかと考えると気が重いです。あまり先を考え過ぎないように、一日一日を頑張っていこうと思います。

最初の写真は昨日見た夕焼け色に染まる雲です。自然の素晴らしさを感じると、悩みや不安が薄らぎます。
[PR]
by family_forever | 2006-02-10 00:11 | Kids


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
第三 アドベント
from スウェーデンからの生活便り
☆第3回 Harvest..
from Orange Gallery
かぼちゃ饅頭
from 食卓から愛を込めて
パイナップル・アップサイ..
from ころころころらど
メロンパン
from ロサンゼルスな理由 what..
検索
Memo
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧