カリフォルニアの暮らしのいろいろ
by family_forever
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Today's Weather
Trick or Treat
Halloweenの夜...
c0003272_6582937.jpg

パーティーでお菓子はたくさん集まってはいるのですけれど、お友達が手作りお菓子を持ってきてくれました。
今年はリオが「近所をTrick or Treatして回りたい!」と珍しく言い出したので、主人がリオ1人だけ連れて、Trick or Treatに出かけました。(マーカスは体調崩して寝込んでしまいお留守番...)
私は玄関にアントニーが学校で作ってきたスケルトンを飾って、Jack O'lanternにキャンドルを灯して誰かが来る時のために準備体制。
c0003272_763211.jpg

ところで、主人のお母さんからはこんな可愛い缶に入ったお菓子が子供達に送られてきました。
嬉しいような困ったような複雑な気持ち。(でも、感謝してます、お義母さま♪)
c0003272_795181.jpg

知り合いのところだけに行って、すぐ帰ってくるかな~と思ったら、主人と娘は1時間くらいたっても帰ってこない!
待っていると、ドアを叩く音が。あ、誰か来たかな?
c0003272_734136.jpg

なぁんだ、うちの娘じゃん。(笑)
こんなにたくさんのお菓子を貰って帰ってきました。持ったらずっしりと重いのです。
c0003272_7143311.jpg

主人と彼女の話によると、明かりの点いているお宅だけを適当に選んで回ったらしいのですが、どこへ行ってもすごく喜ばれたそうです。
「あなたが最初よ~」
「いつも全然来ないのよ~」
って感じで、皆どこもちゃんと用意して待っている様子だったそうです。あるお家なんて、ノックしても出てこなかったので隣ブロックに移動したら、そのあと、呼び声が聞こえ、ちょっと戻ってみるとお菓子の入った入れ物を抱えた年配の女性が家の外に立っていて、
「戻ってきてくれてよかった~!パティオにいたからすぐ出て来られなかったのよ。たくさん持っていってね。」って、喜んだとか。

先日の記事のコメント欄で、「最近は近所を回る子供は少ない。」と書いたのですが、確かに本当に子供達は数えるほどしか来ないのです。でも、それでも多くの人がちゃんと(お菓子を)用意していて、大歓迎するだなんて、なんだか皆、人との触れ合いや昔みたいなお互いに信用しあえるコミュニティーを求めているのかな、という気がしました。

それにしても、我が家に大量にあふれるお菓子たち。アントニーとマーカスが学校から持ち帰ったお菓子もあるし...
どなたか食べに来ませんか?(笑)
[PR]
by family_forever | 2006-11-02 07:36 | アメリカの文化
<< 手帳カバーとブックカバー Happy Halloween >>


カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
第三 アドベント
from スウェーデンからの生活便り
☆第3回 Harvest..
from Orange Gallery
かぼちゃ饅頭
from 食卓から愛を込めて
パイナップル・アップサイ..
from ころころころらど
メロンパン
from ロサンゼルスな理由 what..
検索
Memo
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧